【トヨタの86がもうフルモデルチェンジ?】新型の発売時期は2020年?2021年?

 

次期86のネーミングは【GR86】

 

86はトヨタ唯一のスポーツカー。NAエンジンのノンターボで、排気量も小さくて決してパワーがある訳でもないですよね。こんなの運転していて楽しいの?そういう声が聞こえてきそうです。

でもですね。だからこそ、このクルマには魅力があるんです。GTRみたいなマンモスエンジンと最先端のコンピューター制御では、ドライバーが車に操られてしまいます。

有名な話なんですが、GTRは運転していても「楽しくない!」らしいです。

 

対してドライバーが車を操る楽しさを追求したのがこの86なんです。

ボディーサイズや軽量化のおかげでキビキビ走るし、高回転まで回した時の甲高い”音”の気持ちよさ。など。

今回はこのトヨタ86のフルモデルチェンジの情報を入手したので、車好きな営業マンの考えや知識を織り交ぜながら一部紹介していきます。

PRESIDENT
雑誌を購入する

トヨタの新型86 正式発表はいつ?

これはまだ正式に確定したわけではありませんが、おそらく

正式発表 2021年3月~となりそうです。

トヨタ86の新型が2021年にデビュー!価格はいくら?エンジンやターボ

2019年11月10日

 

アメリカでも同時発売される予定なので、米国トヨタのHPも注意してチェックしていったほうがいいかもしれませんね。

トヨタ86くらい有名な車種となると、海外での噂がかなり早い段階で盛り上がってきます。普通のクルマのモデルチェンジ情報よりもかなり詳しい内容まで早い段階で分かりそうです。

気になるフルモデルチェンジ後の86はどんな内容?

トヨタ新型86はスバルBRZとの差別化はあるのか?

現行型では一見、

「これは86か?BRZか?」

と見分けがつかないくらい似ていますよね。次の86はこれが大幅に改良される予定で、かなり差別化が図られる模様!

GR86はGRスープラの血を。BRZはスバルの血を。それぞれエクステリアの味付けはかなり変わるそうです。

特にトヨタはGRスープラと同じようにグローバルにも目を向けたデザインへと生まれ変わる予定で、世界でもスープラに次ぐトヨタのスポーツカーとして新たな挑戦をしていくようです!

スープラの外見は「かっこいい!」と評判はかなり良いので新型86も期待できそうですね!

 

トヨタの新型86・エンジンやプラットフォーム

 

まず、現代のスポーツカーは国内販売だけではとても採算がとれません。なので、開発段階で海外の需要まで考えないといけません。莫大な開発コストが掛かるスポーツカーをいざデビューさせてみて、「国内の車好きにしか売れませんでした」なんて事になったら、大赤字で大変ですからね。

この事情を踏まえて、次期86は生まれ変わります。

まずは心臓部分のエンジンからご紹介します!

新型86のエンジンはパワーUPする

今回も開発担当はスバルとなっていて、86の特徴となるNA(自然吸気)にこだわっているみたい!

FA24型エンジン搭載 2400㏄

現行型と比べると400㏄の排気量UPとなり、吸排気系の取り回しの工夫によって、さらに吹け上がりの良い軽快なエンジンとなる予定です。

また、400㏄の排気量UPにより、パワーUP、トルクUPに成功。低速回転~高速回転での普段使いでもストレスフリーな扱いやすいエンジンが売り!

 

新型86はエンジンが生まれ変わる。プラットフォームはそのまま?

 

トヨタ新型86のプラットフォーム

 

プラットフォームは現行型をそのまま継承する予定。

もちろん、そっくりそのままって訳ではなく、サスペンションの改良やアーム類の改良によってさらに熟成された86の新たな土台となる!

 

POINT

プラットフォームや足回りは、フルモデルチェンジする度に新しく作り変えればいいってもんじゃ~ありません。特にスポーツカーは、既存の技術に手を加えていく方がいいと言われています。分かりやすく言うと”チューニング”に似ていますね。

その良い例が【世界に誇るニッサンGT-R】です。GT-Rは何度も何度も改良を重ねて、世界のスーパーカーにも勝る完成度の高~い現行まで辿りつきました。

この様に、作り変えるのではなく、チューニングの回数を重ねることによっていいモノづくりができる場合もあるんです。

 

トヨタ新型86の価格は高くなる?

 

これもまだまだ未確定ではありますが、価格が下がることはまずありえないでしょう。

その要因としては

  • 400㏄の排気量UP
  • 安全装備の進化
  • BRZとデザインの差別化
  • グローバルに合わせた機能の追加
  • 消費税UP

が挙げられます。

ぼくの予想では、現行型にプラス30万円~。はUPすると思います。

GTR リア

【中古のスポーツカーが安いのは昔の話】特にMTが希少な存在となっている

2018年10月9日

最後に、営業マンから見た新型GR86は買いなのか?

 

ぼくも実際に何回も運転したことがあります。昔はハイパワーのスポーツカーでドリフトやグリップもしていたぼくですが、そんな経験を踏まえても86の運転はかなり楽しいです!

確かに馬力は足らないですが、NAらしさ、NAサウンド、コンパクトボディー、ハンドル、シフト、クラッチ、アクセル、ブレーキ操作など、総合的に見て「車を操る楽しさ」は他のクルマには絶対にありません。

断言できますが、買い!ですね。

また、純正パーツだけではなく、楽天などには社外品パーツも豊富にラインナップされている点も魅力のひとつです。自分好みにカスタムできるので愛着もより一層湧いてきますよ!

同じくらいの排気量のスポーツカーを買おうとしても、スープラやBMWのZ4だと予算は跳ね上がってしまいます。逆に、マツダのロードスターなどは排気量が物足りません。

スープラやZ4が買えなくても、次期86なら金銭的にも手が出しやすいでしょう。

また、スープラやZ4と比較すると車格は下がります。

が!下がると言ってもこの熟成された86は完成度が本当に素晴らしいです。

現行でもサーキットで実績がありますし、さらにモデルチェンジすることによって排気量もUPされ、甲高いエンジンサウンドや信頼できる足回りなど、全く恥じる要素はありません。むしろ、最高のスポーツカーだと胸を張っていいレベルです。

現実的に手が届きやすい本格スポーツカー「GR86」はおすすめ!

 

気になる方は他の86の記事もチェックして下さいね~!!

トヨタの86ってどんなクルマ?特徴は?

・トヨタの新車86の値引き額と安く買う方法

 

86を買う前に自動車保険を見直そう

自動車保険ランキング

自動車保険で年間数万円安くなる!実は営業マンもネット保険使ってます

2019年10月1日

ここ数年、自動車保険は毎年値上がりをしています。

保険は保険会社全体で話し合い、毎年10月に保険料の見直しがされていますが、これから先も保険が安くなる可能性は限りなくありません。


特に最近できた「事故あり係数」や去年できたばかりの「車両の料率クラスの細分化」によって、近年まれにみる値上がりをしてしまい、ユーザーにとっては痛い出費となっています。

その他にも、年齢による保険料の差別化、家族限定の廃止、年齢条件30歳以上の廃止など、ほとんどのユーザーにとって保険料が上がる改定がされてきました。

しかし、自動車保険はだれでも簡単に見直し、大幅に保険料を抑えることができます。

「昔からの付き合いで」

「買ったディーラーでお任せで入った」

「会社の団体保険だから安いはず」

といった具合に、見直しを何年もしていない人は案外多いようです。


車を買い替えるときは言うまでもなく、今乗っている車でもいつでも見直しが可能で、安くなる可能性は限りなく高いです。

ぼくもこのサイトを利用していますが、それまでと比べて保険料は3割ほど安くなって満足しています。

その下取り価格は妥当か?

車を買い替える時には必ずと言っていいほど「下取り」があるはず。

そして、この下取りについてぼくが1番声を大にして言いたいのは 「ディーラーだけでしか下取り価格を出すのはNG」 という事。

ディーラーでは下取りの交渉と値引きの交渉を同時にしますよね?

この「同時」というのがとっても肝で、

「交渉によって本当に下取り価格を上げてもらえたのか?実は最初に提示された金額が相場よりも低かったのでは?」

鋭い方だとこういった疑問を持ってしまいます。

ズバリ、現役の営業マンから言わせて頂きますと、これは正論ですし、ぼくらの作戦でもあります。

値引きが出来ない代わりに下取り価格を上げたように見せかけて、実は最初に提示した下取り価格はあえて下げた状態なんです。

こうしておけば、営業トークが得意なプロにとっては後は「がんばったように思わせるだけ」なので、実に楽な商売なのです。

逆に言うと、「下取りが無い商談」や「下取り価格の相場をしっかり把握しているお客さん」が相手だと、誤魔化しが効かないので営業マンは苦労します。

純粋に値引きだけでがんばらないといけませんからね。

要するに、「事前に買取店を利用してこの状態を作っておこう」という訳です。

満足する値引きをしてもらって、なおかつ下取りも良い値段が付いたらディーラーへ出し、もしつかなかったらそのまま買取店に売ってしまいましょう!

ただ、ディーラーへ行くだけでも面倒くさいのに、実際に買取店を何店舗も回るのは更にしんどいので、面倒な電話でのやり取りをほとんど無くした買取査定サービスを使ってください。

車の情報を入力するだけで、買取店同士が勝手に競り合ってくれる画期的な新サービスです。

査定は1回のみ、最大6000社が入札【セルカ】

関連する記事



2 件のコメント

  • トヨタに限らず新型モデルは何かといえばSUVばかりなので、GR86はとっても期待しています!

    • 確かに世の中の流れがSUVブームに乗っかている感じですよね。個人的にもスポーツカーは大好きです。最近ですとGRスープラGRAMが話題になっているのでそちらも楽しみです!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。