フェラーリのV8エンジン搭載車「ポルトフィーノ」はデザインが美しい

ポルトフィーノの名前の由来は、イタリア人ならだれもがその名前を知っている憧れのリゾート地から来ています。

イタリア北部の都市ジュノバから約40kmの距離に位置し、小さな島の奥にある可愛らしい風情が漂う港で、セレブの御用達となっています。その小さな港には、世界中から航海してきた豪華なクルーザーが停泊しているのが日常という、異様な光景らしいです。

今回は、小さくてもセレブには有名な港「ポルトフィーノ」の名前が付けられたフェラーリについて紹介していきます。

ポルトフィーノ

ヒット作カリフォルニア・シリーズの後継モデルに相応しいネーミングとなっています。

前作と同様にリトラクタブルハードルーフを持つ、2+2のFRスポーツカーで、フロントミッドに改良されたF154型直噴V8ツインターボ(600ps/760Nm)を搭載しています。

後方には7速DCTトランスミッションが配置されており、車両のコンセプトはカリフォルニアと同じでありながら、実際は全くのフルモデルチェンジとなっています。

ボディ剛性はカリフォルニアTよりも50%向上し、磁性流体ダンピングシステムを標準としています。

インハウスデザインとなったポルトフィーノは、12気筒フラッグシップの812シリーズと共通する完璧なロングノーズ&ショートデッキのクーペスタイルを手に入れ、幅広く、そして低く構えているのが特徴です。

ルーフクローズ時のスタイルと耐候性はまさにリアルクーペで、エクステリアの多面性も魅力のひとつとなっています。

主張こそ少ないものの、ひと目見ただけで「美しく力強いフェラーリ」を感じることから、まさにセレブに似合う風貌と言えます。

ドライブフィール

ドライブフィールはマラネロ製GTの伝統に戻ったと感じるほどで、ファンなFRスポーツカーであると同時に非常に良くできたグランツーリズモでもあります。

ポルトフィーノはEPSやEデフ、SCMといった最新技術を統合制御することで、高い運動性能を獲得しています。統合制御を可能にしたそのノウハウは主にサーキットをフィールドとして培ったものですが、改良型パワートレーンや新設計ボディなどの高い基本となるポテンシャルが、リアルワールドでの扱いやすさや快適な乗り心地に繋がっています。

まったく新設計のRHTは、40km/h以下であれば走行中でも開閉できます。開閉に必要とする時間は、カリフォルニアと同じ14秒となっていますが、作動の質はさらに上質となっています。

実際に周りが静かな環境で作動してみても、実に軽やかでありながらきめ細やかな動きをし、作動音はほとんどしません。

インテリアはフルレザー仕様で、ステアリング部にスポーティな各種スイッチを配置。オープン時の風の巻き込みは少なく、高速走行時には快適なオープンエアが満喫できます。

スポーツドライビング

ポルトフィーノの真骨頂は、なんと言ってもスポーツドライビングでしょう。

ついに600psを得たエンジンと、強くて軽いボディ&シャシーが生み出す走りは、クーペ状態はもちろんのこと、オープン状態であっても無類のスポーツ性を見せてくれます。前輪はドライバーの両手としっかりと繋がっていて、旋回中のタイヤの状況がつぶさに伝わってきます。

荷重移動もわかりやすく、姿勢の変化はつねにリニアな印象です。後輪の動きは腰回りにピッタリと貼り付いていて、自分自身のお尻を動かすような感覚に近いです。

マイナーチェンジ予定

ポルトフィーノはまもなくマイナーチェンジが入る予定で、新車のオーダーはペンディング中です。

改良モデルはおそらく新型クーペで、ローマに似た仕様になると言われています。

ポルトフィーノ諸元表

価格26,310,000円
全長/全幅/全高4586/1938/1318mm
ホイールベース2670mm
車重1664㎏
エンジン3855ccV8DOHC32Vツインターボ
最高出力441kW/600ps/7500rpm
最大トルク760Nm/77.6kgm/3000~5250rpm
サスペンション前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ前後ベンチレーテッドディスク
タイヤF245/35ZR20 R285/35ZR20
駆動方式FR
乗車定員4人
最高速度320km/h
0→100km/h加速3.5秒

関連する記事



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。