え?これってマジ!?ハイブリッドカーの燃費を良くする走り方を大暴露

トヨタではハイブリッドカーの種類が豊富にあり、今ではプリウス・プリウスα・アクア・カローラ・カムリ・クラウン・ヤリスなどのラインナップとなっています。

ひと昔前には一握りの種類しかなかったにも関わらず、今ではいろんなタイプの車にハイブリッドの設定がありますね。この背景には、地球の温暖化に対する企業やユーザーの意識が変化したことや、ガソリンの高騰や先進性が求められる時代になった事などが挙げられます。

特にガソリン代は月日が経つにつれて徐々に上がり続けています。有名な話ですが、地球上から石油がなくなることは明白となっていて、ガソリン代がこの先安くなることはまずあり得ません。

石油大国のドバイは、今は豊富にある石油のおかげで富裕層ばかりとなっていますが、この先石油が無くなることに危機感を覚えているほどです。

ガソリン車は近い将来無くなり、財布と地球に優しいハイブリッドカーや電気自動車が当たり前の世の中になっていくことは間違いありません。この記事ではハイブリッドカーの運転のコツや豆知識について紹介していきます。

【注意点①】重いクルマのハイブリッドカーには燃費に限界がある

当たり前ですがハイブリッドカーの1番のメリットは燃費がいいことですね。しかし、一概にハイブリッド=燃費がいいとは限りません。今のトヨタのハイブリッドカーは通常、1500㏄や1800㏄などの小型エンジンとモーターを組み合わせて走行させています。

出だしや加速時ではいかにエンジンを使わずにモーターを主役として走行させるかが燃費をよくする重要な要素となっています。

モーターを少しでも長い時間使用し走行するために、少ないアクセルの踏み幅でもクルマを前に進める必要があります。しかし、モーターのパワーはそれほどありませんので、すぐにエンジンが掛かってエンジン+モーターで進もうとしてしまうのが欠点です。

この状態にすぐなってしまう車はタイトルの通り、重たい車です。

出だしも加速時も、重たい車体を前に動かす為にはパワーがいります。しかし、重たい車を前に前に進めたくてもそれを必要とするパワーは非力なモーターだけではとても補えません。その結果、すぐにエンジンが掛かってしまってハイブリッドの割に燃費は悪くなってしまいます。

例えば、重い車にアルファードやヴェルファイアがあります。ガソリン車の実質燃費がリッター6~8kmなのに対し、ハイブリッドの燃費は実質9~11kmとなっています。大して燃費に差がないことが分かります。

同じグレードでもガソリンとハイブリッドの車両本体価格の差は100万円ほど違うので、現実的に考えても元はとても取れそうにありません。この様に、重たい車体の車は例えハイブリッドカーだったとしても、お世辞にも財布にとってはエコとは言えません。

【注意点②】大排気量+ハイブリッドは燃費が悪い

【注意点①】で紹介した車と同様、大排気量のハイブリッドカーも同じく燃費は悪いです。

例えば、トヨタハイブリッドではクラウンやマジェスタ・レクサスのLS・アルファード・ヴェルファイア・エスティマがありました。しかし、重たい車体をモーターでいかに前に進めるかが課題となってしまう為、パワーのある大排気量エンジンにすれば燃費が良くなると勘違いをしてしまいがちです。

例えば、3500㏄エンジン+モーターのマジェスタを例に考えてみます。ハイブリッドではありますが、そもそもエンジンは3500㏄の大排気量となっています。3500㏄もあるエンジンは燃費が悪いことは誰でも分かりますね。

アクセルを踏めば、パワーがあるので車はグングン前に進んでくれますが、少しの踏み幅でもエンジンの排気量が大きいので使用するガソリンの量は多くなってしまいます。この様に燃費の悪いガソリンエンジンに例えハイブリッドを組み合わせたところで、燃費は少ししか良くなりません。

また、このような大排気量+ハイブリッドの組み合わせは、そもそも低燃費に重点を置いていません。

燃費よりもパワーを優先し、プレミアムカーらしく余裕のあるドライビングを可能にするために開発されていることがほとんどです。つまり、燃費の為に開発されたハイブリッドシステムは、プレミアムカーにとってはおまけみたいなものなのです。

燃費を良くする為の走り方とコツ

ハイブリッドの効果を最大に引き出せるエンジンの大きさは、現在のハイブリッド市場で主流となっている「アクアやプリウス」のような1500㏄~1800㏄のエンジンです。この最適な大きさのエンジンとモーターの力を最大限に引き出す方法を紹介していきます。

これまで一般的に燃費の良い走り方と言われていた方法は次の通り

  1. 出だしのアクセルはゆっくりと
  2. 交差点などで停止はなるべくせずエンブレで減速しつつ停止する前に再発進
  3. 走行中のアクセルワークは穏やかに

主にこの3点です。

 

これがハイブリッドカーの場合、かなり違ってきます。

  1. 出だしはアクセルを踏み込んで時間をかけずに理想のスピードまで一気に加速
  2. 交差点などで停止はなるべくせずブレーキを軽く踏んだ状態で減速しつつ停止する前に再出進
  3. 走行中のアクセルワークは理想のスピードまで時間をかけずに加速し、あとは惰性を利用しつつ減速しない程度にアクセルをコントロール

以上の3点です。どうでしょうか?ほとんど真逆の運転方法ですよね。

この運転のコツはトヨタ自動車も公表はしていませんが、ユーザーの声を元に編み出した販売店独自の非公開の方法です。

なぜこのような運転方法が燃費につながるのかと言うと、ハイブリッドカーは上記でもお伝えしたように、いかにエンジンを使わずにモーターで走行するか。が鍵となっている為です。

まず、出だしで一気に加速するメリットは、単純にガソリンを使用する時間が少なくなるからです。ガソリンはアクセルを踏み込んだ量と時間に比例して減っていきます。これは「水道の蛇口」と同じです。捻った分だけ水が流れ出る様に、アクセルを踏んだ分だけガソリンが流れ出します。ハイブリッドカーの場合、この動作を一瞬で終わらせることによって、ガソリンの放出を最小限に抑え、後は非力なモーターでも惰性を利用することによって走行させる事ができます。

次に、停止するまでの減速する間、エンブレではなくブレーキを若干踏んだ状態の方がハイブリッドバッテリーに効率よく充電できます。停止の寸前にブレーキを強くかけるよりも、何十メートルも前から軽くブレーキを踏んでおいた方が充電できる量は多くなります。緩やかな下り坂も同様、軽くブレーキを踏みながら下ったほうが充電は溜まりやすいです。

ブレーキの時間>エンブレ>強いブレーキ

最後に、通常走行中の運転方法。一度スピードに乗ってしまえば、後は惰性と少しのアクセル(モーター)で進むことができます。停止する時に溜めた充電を少しづつ使いながら走行するのがコツです。

ここでアクセルを強く踏み込んでしまうと、ハイブリッドと同時にエンジンも作動してしまうので、せっかく充電されたハイブリッド電池の使い道がなくなってしまいます。

さらに、プリウスなどのハイブリッドカーは空気抵抗が少なく転がり抵抗も少ない為、思いの他惰性によって前に進もうとする力は強いので、慣れてこればほとんどエンジンを使わずに走行することが出来るようになってきます。

燃費運転をさらに極めたい方にオススメの方法

通常の方であれば上記の方法を実践してもらえれば燃費は飛躍的に伸びますが、さらに燃費を良くしたい強者は次の2点も試して下さい。

強者はエアコンの使用をやめる。ハイブリッドカーも通常のガソリン車と同じように、エンジンが温まるまでは暖気運転を必ずします。その為、特に冬場や寒冷地に住まれている方は燃費に悩まされていると思います。

つまり、少しでも燃費を良くするために、この暖気する時間をなるべく少なくする必要があります。

冬場に暖房を掛けると、エンジンはいつも以上に暖気をしなければ暖かい空気を出せません。つまり、燃費に悪影響となっている「暖気をする時間がさらに伸びる」ことになってしまいます。その為、もしもエアコンの使用を控える事ができればこの「燃費に悪い時間」を短くできることになります。

さらに、寒冷地仕様をオプションで選択すれば、エンジンに籠った排気熱を回収する機能が役立ち、暖気の時間をさらに短くすることができる裏技もあります。また、暖気運転を最短で終わらせる方法があります。それは、上り坂に差し掛かったらDレンジではなく、Bレンジの状態でアクセルを全開(出来れば法定速度以内)にすれば、エンジンが必要以上に回ってより温まりやすくなります。

次にEVモードの有効活用。普通のユーザーであれば、このEVモードを使う機会はほとんどないと思います。

購入したディーラーの営業マンの説明でも、「夜遅くに自宅に帰る時など、近所迷惑を考えて使用する機会があるかどうか」と説明を受けていると思いますが、実は燃費運転に少しだけ役立てることが可能です。

例えば、通勤にハイブリッドカーを使用している方が、会社や自宅に着く1キロ手前でこのEVモードをONにすれば、通勤や帰宅途中である程度充電された電力を使い切った状態で到着できます。

そして仕事終わりや翌朝に再度エンジンをかけると、強制的に暖気運転が始まる。強制的にエンジンが回されれば、同時にハイブリッドの電池も充電されていくことになり、暖気運転が終わるころにはハイブリッドの電池はかなり充電されている状態になります。

もしもこの方法を取らなかったとしたら、充電されたハイブリッド電池を使うことなく暖気運転に入ってしまいます。どうせなら電池を使い切った状態でエンジンを切りましょう。

【トヨタ・マイナーチェンジ後の新型プリウス】実際の燃費やユーザーの評価/価格/モデリスタとTRD仕様がカッコいい

2018年12月15日

燃費だけじゃない!コストを抑える方法とは

ここ数年、自動車保険は毎年値上がりをしています。

保険は保険会社全体で話し合い、毎年10月に保険料の見直しがされていますが、これから先も保険が安くなる可能性は限りなくありません。

特に最近できた「事故あり係数」や去年できたばかりの「車両の料率クラスの細分化」によって、近年まれにみる値上がりをしてしまい、ユーザーにとっては痛い出費となっています。

その他にも、年齢による保険料の差別化、家族限定の廃止、年齢条件30歳以上の廃止など、ほとんどのユーザーにとって保険料が上がる改定がされてきました。

しかし、自動車保険はだれでも簡単に見直し、大幅に保険料を抑えることができます。

「昔からの付き合いで」

「買ったディーラーでお任せで入った」

「会社の団体保険だから安いはず」

といった具合に、見直しを何年もしていない人は案外多いようです。

車を買い替えるときは言うまでもなく、今乗っている車でもいつでも見直しが可能で、安くなる可能性は限りなく高いです。
ぼくもこのサイトを利用していますが、それまでと比べて保険料は3割ほど安くなって満足しています。

愛車を高く売ってさらにお得に!

車を買い替える時には必ずと言っていいほど「下取り」があるはず。

そして、この下取りについてぼくが1番声を大にして言いたいのは

「ディーラーだけでしか下取り価格を出すのはNG」

という事。

ディーラーでは下取りの交渉と値引きの交渉を同時にしますよね?この「同時」というのがとっても肝で、

「交渉によって本当に下取り価格を上げてもらえたのか?実は最初に提示された金額が相場よりも低かったのでは?」

鋭い方だとこういった疑問を持ってしまいます。

ズバリ、現役の営業マンから言わせて頂きますと、これは正論ですし、ぼくらの作戦でもあります。

値引きが出来ない代わりに下取り価格を上げたように見せかけて、実は最初に提示した下取り価格はあえて下げた状態なんです。

こうしておけば、営業トークが得意なプロにとっては後は「がんばったように思わせるだけ」なので、実に楽な商売なのです。

逆に言うと、「下取りが無い商談」や「下取り価格の相場をしっかり把握しているお客さん」が相手だと、誤魔化しが効かないので営業マンは苦労します。

純粋に値引きだけでがんばらないといけませんからね。

要するに、「事前に買取店を利用してこの状態を作っておこう」という訳です。

満足する値引きをしてもらって、なおかつ下取りも良い値段が付いたらディーラーへ出し、もしつかなかったらそのまま買取店に売ってしまいましょう!

ただ、ディーラーへ行くだけでも面倒くさいのに、実際に買取店を何店舗も回るのは更にしんどいので、面倒な電話でのやり取りをほとんど無くした買取査定サービスを使ってください。

車の情報を入力するだけで、買取店同士が勝手に競り合ってくれる画期的な新サービスです。
査定は1回のみ、最大6000社が入札【セルカ】

関連する記事



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。