【セダンの下取りやリセールバリューは低い?】中古は安くてお買い得・新車は売れない時代に

みなさんは新車や中古車を買うとき、ほとんど限らずと言っていいほど下取り車があるはずです。

そして誰もがなるべく高く売りたいと思っているはずです。

でも、その割に下取りを高く売るための努力をあんまりしていません。値引き交渉は必死になってがんばるのに、なぜか下取りを高く売ることに労力を使っていない人が多いです。

なぜそんな人が多いのか?それは恐らく下取りを高く売るノウヘウが無いからだと思います。

下取りにはいろいろな種類や条件があります。

セダン・ミニバン・コンパクトカー・SUV・スポーツカー・HV・電気自動車・軽自動車・輸入車、、、

さらに、人気車種・不人気車種・プレミア車種・輸出対象車種・価格高騰中の車種、、、

確かにいろいろなパターンがありすぎて下取りを高く売るベストな方法がいまいちピンとこないかもしれません。

この記事ではそんな人達の為「セダンの下取り価格に特化して」細かく紹介していきます。

 

セダンの下取りが安くリセールバリューが悪い理由

セダンにもいろいろな車種があります。

小排気量から大排気量。大型セダンから小型セダン。大衆車や高級車。クーペスタイルなど。

昔に比べれば今は種類こそ少なくなりましたが、日本車だけでもまだまだかなりの数が出回っています。

それではセダンの下取り価格はどうなのか?答えは、基本的に安い。

 

セダンのリセールバリュー・下取りが安い1番の理由に「需要も供給も少ない」事が挙げられます。

中古車の価格は輸出が絡んでこない限りは「国内の中古車ユーザーのニーズにマッチしているかどうか」で決まります。

つまり、中古車を買う人たちにとって「セダンは必要とされていない」という事になります。

と、急にこんなことを言っても「いやいや、そんな事ないでしょ!」と思われる人もいるかもしれませんね。

それでは、中古を買う人を想像してみて下さい。

どういう年齢層が多いか・お金に余裕のある人が中古を買うか・独身の人が中古を買うのか・高齢者が中古車を買うか・セカンドカーとして中古車を選ぶのか・メインカーとして中古車を選ぶのか。

今度は、これらをセダンに当てはめてみてください。すべてではありませんが、高い確率で当てはまる条件は高齢者くらいでしょう

中古を買う年齢層は若者もしくは高齢者が圧倒的に多いです。そしてお金に余裕のある人はそもそも中古を買わない。独身者はお金に余裕があるので中古はほとんど買わない傾向にあります。(趣味性の高いマニアックな車は除く)

こうなってくると高齢者はお金をあまり使えない&セダン好きが多いことから、中古車価格が安いセダンを購入する事が多くなってきます。

高齢者でも安全装備の充実した新車を買うことが多いですが、そんなにお金を使えないとか先が長くないとかで中古にする場合も結構あります。

高齢者以外ではメインカーはもっと実用性のあるジャンルの新車を選び、セカンドカーはもっと趣味性の高いジャンルの中古車を購入するケースが多いです。

このような事から、今後も需要が高齢者に偏っているせいでセダンの中古車相場が上がる可能性は低いので、新車購入時はリセールの悪いセダンを避けることが賢明でしょう。

では、こんな悪い条件の中、セダンを高く売るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

リセールバリューの低いセダンの下取りを高く売る方法とは

基本的にセダンの下取りは期待できません。が、コツはあります。

大きく3つに分けて紹介していきます。

 

①大排気量よりも小排気量

まずエンジンの排気量は小さいクルマにしましょう。

同じクルマでもエンジンの排気量がいくつかある場合には、必ず小排気量を選択して下さい。

それはなぜか?

中古車を買う人はお金があまり無いか、車にお金を使うタイミングではないからです。

そうなると、最初の支払いはもちろんのこと、維持費も安いに越したことはありません。

エンジンの排気量によって、自動車税・車検代・燃費・燃料の種類・任意保険などの維持費がかなり変わってきます。

つまり、中古車ユーザーに人気があるのは「大排気量よりも小排気量」となります。

また、エンジンの大きさとボディーサイズは基本的に比例しますので、ボディーサイズが小さい=小排気量となります。

 

②メーカーはトヨタにする

セダンはトヨタ以外でもいくつかありますが、まずトヨタにしたほうが賢明です。

このブログがトヨタ車専用だからという訳ではありません。

メーカーをトヨタにした方がいい理由は、中古車ユーザーが故障の起こりにくさを考えてトヨタを選ぶことが多いので、それに比例して中古車相場も高くなっているからです。

中古車は当たり前の事ですが、買った時点で数年落ちで走行距離も数万キロ走っている事になります。

そこから乗り潰すとなると少しでも丈夫で壊れないクルマが選ばれる場合がほとんどですが、その点でトヨタ車は信頼されているという事になります。

ちなみに、トヨタ以外の新車セダンではリセールバリューの下がり幅は絶望的です

 

③輸出対象のクルマを買う

セダンは輸出される車種がかなり少ないですが、それでも長い年月輸出されているクルマはあります。

アリオンとプレミオです。

この2車種のリセールバリューはかなり期待できます。特に、プレミオはトヨタのSUV並みに高騰しっぱなしです。

新車で買って1~3年で売ってもほとんど値落ちしません。

また、トヨタのセダンでは超有名なクラウンやカムリがあります。

意外に思うかもしれませんが、クラウンのような国内専売車はリセールは高騰しません。

輸出できないので「国内の需要のみ」で買取価格の相場が決まってしまいます。カムリはすでに海外で正規に販売されているので、このクルマも高騰しません。

ニッサンのスカイラインやホンダのレジャンドなどありますが、他メーカーのリセールの下がり幅は恐ろしいほど大きいので買うことはオススメしません。

 

一括査定や買取店も参考にする

既にセダンに乗っている人で下取りを少しでも高く売りたいのであれば、ディーラーだけで決めるのは間違いなくもったいないです。

営業マンに提示された下取り価格が高いのか安いのか、それだけでも分かるようにしておいてください。

一括査定は個人情報と下取り車の情報をスマホやパソコンから打ち込むだけで向こうから連絡してきます。

登録した瞬間から10社くらい電話がかかってきて正直面倒くさいですが、1日その作業に専念するだけで下取りのマックス値が把握できるのでかなりオススメです。

たとえマニアックな車でも、ボロボロの車でも必ずいい値段は付くので期待を込めて一括査定に申し込んでみて下さい。

ちなみに、当ブログでも紹介している「オークション形式の一括査定」もオススメです。最近流行ってきていて、面倒な電話でのやり取りをほとんどしないで愛車の最高値が出ます。


また、そんな時間がないという人はせめて買取店を最低3社行きましょう。それだけで価格に差が出るので、自分の愛車の価値が把握できます。

まとめ

下取りを高く売る方法をセダン編で紹介していきましたが、いかがでしたか?

セダンというジャンルはリセールバリューが低いことや、排気量の大きさがリセールバリューに影響することなど、この記事で紹介したことが少しでも参考になってもらえれば幸いです。

この記事を読んだあなたは必ず損なく下取りを高く出せると思います。是非がんばって高く売ってきてください。

以下まとめ

  1. セダンの買取相場は需要がないため低い
  2. 少しでも高く売るには必ず小排気量のエンジンにする
  3. そもそも輸出対象車種を購入しておく
  4. メーカーはトヨタがオススメ
  5. 一括査定や買取店を必ず利用する

SUVはなぜリセールが高いのか?外車も同じく高い?〇〇ランドはNG

2018年10月17日

関連する記事



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。