キックスとライバル【ヴェゼル】を比べてみた!どっちがいいのか検証

マルチユースのコンパクトSUVとして、キックスとヴェゼルはオーバーラップする部分が多いです。

ヴェゼルは2013年にデビューし、すでに7年が経過しているロングライフモデルとなっていて、近年フルモデルチェンジも噂されています。

そういった意味では、デビューしたてのキックスと比較するには、さすがにヴェゼルが不利になってしまいがちです。しかし、今現在も好調な販売実績を維持しており、その商品力はまだまだ魅力的なのも事実です。

ヴェゼルのエクステリア

エクステリアの全体的なフォルムはかなりキックスと似ていると言えます。特に、リアピラーの角度などはほとんど同じと言えるくらいです。

CHRのような居住性を無視したリアデザインではなく、キックスやヴェゼルのようにデザイン性と実用性のバランスを考えると、どうしても同じフォルムになってくると思われます。

デザイン自体を見てみると、ヴェセルは都会に溶け込むスタイリッシュ感覚を重視しているようです。対して、キックスはエクストレイルの弟分という位置づけにふさわしく、アウトドアでも映えるカジュアルテイストを大切にしています。

  • ヘッドライトはライン形状LED。バンパーには薄型形状のLEDフォグを装着
  • 225/50R/18インチアルミを装備
  • センタータンクレイアウトで高いユーティリティ
  • RSのボディーカラーは全6色

ヴェゼルのインテリア

インテリアは機能的で実用指向のキックスに対して、ヴェゼルはコクピット感覚を重視したスタイリッシュなデザインとなっています。

質感も高く、運転席に座り込んだ時の満足度はかなり高いと感じるハズです。インパネは質感に優れたソフトパッド仕上げで、かつスポーティな造形でデザインされています。また、RSのシートは合皮レザーとウルトラスエードのコンビ仕様となっていて、肌触りも心地良い印象です。

室内の静粛性も高く、入念な遮音対策で快適性を計算して開発されています。

後席スペースと荷室の広さは、センタータンクレイアウトを採用しているため、かなり広い印象を受けます。しかし、キックスもほとんど同じ広さを確保している事に驚きます。

  • MOPナビは通信機能付きの7インチサイズ。
  • 赤い丸型リングで囲まれた大型スピードメーターはスポーティさを演出
  • リアゲートは大開口の手動式。荷室地上高が低く女性でも使いやすい
  • 後席座面はチップアップが可能で、室内は広く快適

エンジンパワー

パワートレーンはeパワーだけのキックスに対して、ヴェゼルはガソリンが1500㏄・1500㏄ターボ・1500㏄ハイブリッドの3種類から選択可能となっています。

同じ電動化パワートレーンでありながら、エンジンを発電用に使ってモーターで走るキックスに対して、ヴェゼルはエンジンがメインでモーターはあくまで補助という位置づけ。スポーツハイブリッドというだけあって、小気味よいフィーリングが魅力的となっています。

ちなみに、フルモデルチェンジ後の次期ヴェゼルはキックスと同じく、eパワーと似たシステムの「e:HEV」になると噂されています。

走行性能

プラットフォームはキックスがVプラットフォーム、ヴェゼルはフィット譲りの定評のあるプラットフォームを採用しており、どちらも車両キャラクターに合わせて改良されたアップデートバージョンとなっています。

キックスは欧州専売のマイクラに近く高速走行を重視したスペックにまとめ上げられています。対するヴェゼルはワンクラス上の欧州で発売されているシビックに近く、乗り味に高級感がある印象です。

ヴェゼルはデビュー当時、快適性に課題がありましたが、現在は質の高い乗り心地にかなり改善されています。RSやツーリング、そしてひと手間かけたコンプリートモデル、モドューロXなどフットワークの味付けも複数用意されているのも魅力です。

対するキックスは1スペックとなっているので、デビューしたてということでこれからの進化に期待したいところです。

ヴェゼルの諸元表

価格(ハイブリッドRSホンダセンシング)2,995,000円
全長/全幅/全高4340/1790/1605㎜
ホイールベース2610㎜
トレッドF1535/R1540
最低地上高185㎜
車重1310㎏
エンジン1496㏄直4DOHC16V
最高出力97kW/132ps/6600rpm
最大トルク156Nm/15.9kgm/4600rpm
モーター最高出力22kW/29.5ps/1313~2000rpm
モーター最大トルク160Nm/16.3kgm/0~1313rpm
燃費25.6km/L
サスペンションFストラット/R車軸式
ブレーキFベンチレーテッド/Rディスク
駆動方式前輪駆動
最小回転半径5.5m

結論

大人でシックな高級感ある内装とマイルドな乗り心地が欲しいのであれば【ヴェゼル】

ナウなエクステリアとアグレッシブな内装が欲しいのであれば【キックス】

成熟性を考えるとヴェゼルの方がどうしても有利になってしまいますが、逆を言えばキックスはこれから完成されていく車なので、サービスキャンペーンやリコールも頻繁に起こりそうです。

内外装ともにアクティブさが欲しいのであれば、新型キックスがオススメか?

自動車保険ランキング

自動車保険で年間数万円安くなる!実は営業マンもネット保険使ってます

2019年10月1日

関連する記事



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。