今さら聞けない!車のいろいろ豆知識まとめ集・気になるに答えます2019年版

車の豆知識

こんにちは。おクルマニアです。

実際にぼくがトヨタのディーラーマンとして働く中で、お客様からよく質問される【車のうんちく】をまとめてみました。

気になっていたけどこの記事を読んでスッキリした!と言ってもらえる事が目的ですが、単純に「へ~」と思ってもらえるだけでも幸いです。。。

みんなは車に乗っていて気になる事ありませんか?

「なんで運転する車によって疲れが違うのだろう」

「なんでガソリンタンクは左右バラバラなのだろう」

今さら聞けない、そんな疑問にこの記事では紹介していきます。

最近多くなったスマートキーの電波を受信した盗難!リレーアタックの対策は簡単?

従来の自動車窃盗ではなく、最近急激に増加してきたスマートキーを利用した盗難があります。ニュースでも話題になっていますが、その窃盗方法がかなりハイテクで対策に困っている方も多いはず。

窃盗方法とは、例えばアパートの下にある駐車場で窃盗する車の近くに1人が立ち、もう1人がアパートの玄関前に立ち、それぞれがスマートキーから発信されている電波を受信する機器を利用して鍵を開けるというもの。その窃盗に使う機器は電波を増幅させる機能があるため、マンションなどの車と距離がある場合でも反応させる事が出来てしまうという曲者です。しかも、車は正常な電波によって鍵を開けられる為、セキュリティすら反応しないのが難点です。

スマートキー

ニュースでは、スマートキーをアルミ缶の中に入れて電波を遮断する方法が紹介されていますが、実はスマートキーを使って「節電モード」に設定するだけで対策ができます。その設定方法は【スマートキーの閉める🔒ボタンを押しながら、開ける🔓ボタンを2回押します。すると、スマートキーのインジケーターが4回光りますのでこれで完了です】

節電モード中はドアノブを触って鍵の開け閉めが出来なくなります(車種によっては設定で可能)が、スマートキーからは常に電波を発信しなくなる為、リレーアタック対策と電池の節約にも役立ちます。詳しい設定方法は車種によってまちまちなので、取扱説明書の「節電モード」の欄を読んでください。

国産車と輸入車はなぜウインカーの位置が違うのか

実はウインカーの設置位置が左右で違う理由が、日本の右側通行と海外の左側通行とは関係ないって知っていましたか?道路事情に関係なく、それぞれの国の規制で決まっているのです。

ウインカー

日本ではJIS規格に基づいて右側ウインカー、海外ではISO規格に基づいて左側ウインカーにしなければなりません。ですから、日本メーカーが海外仕様として作るクルマはすべて左側ウインカーとなっています。

ひと昔前までは、正規輸入ではなく並行輸入が多かった為、左側ウインカーのまま日本でも販売されていましたが、最近では逆に海外メーカーが日本仕様として作る場合は右側ウインカーとなっています。

メーターの色が緑が多い!ダサいけど採用している理由は

基本的な一般論として、人間の目に優しく疲れにくいとされている色がグリーンと言われています。その為、疲れている時や長時間運転する時を想定して、メーターの色に採用されているケースが多いです。

また、スポーツカーに多く採用されている赤色のメーターは、視認性・判読性が高いと言われています。瞬時にメーターの情報を読み取る必要があるスポーツカーにおいては、特にBMWを含むスポーツカー全般に採用されています。

メーター緑

最近のクルマにはスペアタイアが標準装備されていない!どうしてなの?

スペアタイアを利用する機会がほとんど無く、その存在自体が邪魔になっている事が大きな理由です。実際にほとんどの人がパンクした経験が無いはず。その為、最近ではスペアタイアレスを標準装備にしてパンク修理キットを最初から装備させています。

さらに、クルマのデザインや荷室スペースを考えると、無い方が良いに決まっています。スペアタイアによって死んでいたスペースに余裕が生まれ、エクステリアのリアデザイン、荷室の構造に自由度が増えるメリットがあります。

スペアタイア

ガソリンを入れる給油口が左右バラバラなのはなぜ?

トヨタなら左、スバルは右、日産は左右混合というように、今ではメーカーによってほとんど統一されていますが、実はこれには諸説あります。今となっては不明ですが、ひと昔前までは「マフラーが運転席側にあるなら給油口は左」といったように、給油口はマフラーと反対側に設置されていて、万が一を考えてガソリンがマフラー部分から引火しないように対策されていると言われていました。

ちなみに、今となってはほとんどの人が知っているかもしれませんが、初めて乗る車の給油口が左右どちらにあるか分からない時は、メーター内のガソリンマークにある矢印をチェックしましょう。左なら「⇦」右なら「⇨」と表示されています。

ガソリンメーター

サイドブレーキを手で引いたり足で踏んだり、タイプが違うのはなぜ?

昔のクルマは今よりも構造がシンプルだった為、サイドブレーキもシンプルなタイプが多くを占めていました。そのほとんどがアクアのようなレバー式やハイエースのようなステッキ式でした。(アクアはペダル奥のスペース確保が出来なかった)

時代は変わり、操作が簡単なAT車が普及したこともあってサイドブレーキも操作が簡単なペダル式が増えていきました。特に高級セダンでは見た目も考慮して、この構造が採用されています。さらに現行クラウン・アルファード・ヴェルファイア・ハリアー・CHRでは自動連動サイドブレーキが採用され、シフトポジションを操作すればそれに連動して自動でサイドブレーキが掛かったり解除される構造になっています。今後の車は、この電動式サイドブレーキが主流になると言われています。

サイドブレーキ

セミオートマチックのシフトは「上が+下が-」とは限らない

スポーツカーだけではなく、セダン・SUV・ミニバン等でもちょっとしたスポーツ気分を味わえるセミオートマモードですが、必ずしもシフトアップが上、シフトダウンが下とは限りません。現にほとんどがこのパターンとなっていますが、稀にシフトアップが下、シフトダウンが上の車も存在します。

バラバラな理由は構造上や規格の問題でルール化している訳ではなく、あくまでも開発担当者の見解によるものです。開発者が「この車は絶対にシフトアップは上がしっくりくる」と思えばそうなりますし、逆もしかりです。ちなみに、減速時や坂道の下り坂でブレーキではなくシフトダウンのエンブレを利用すると、【ガソリンカット】と言って燃料を一滴も使わないで減速をします。少しでも燃費を良くする方法として覚えておいて下さいね。

クルマの乗り心地ってシートでも変わってくるの?

クルマの乗り心地は、サスペンション・ボディー剛性・大きさ・車重などで大きく変わってきますが、実はシートによっても変わります。ここで言うシートで変わるとは、革やモケットシート、硬めかフカフカのシート、ホールド性の高い低いではなく、座面の面積の事を言います。

あまり知られていませんが、座面の面積、特にお尻から太ももにかけての長さによって、疲れやすいか、疲れにくいかが決まってきます。長時間運転する人はシートによる疲れをなるべく減らしたいと思いますので、車選びの際はなるべく座面が長いシートの車を選びましょう。

太ももからお尻にかけて疲れが溜まってくると、体全体の疲れに大きく関わってきます。車が安くても、座面の長いシートの車種を選べば意外と疲れにくく、値段の割に乗り心地が良いと思えるはずです。

革シートなのになぜか疲れる?その訳とは

革シートと言えば「高級車」の象徴ですが、イコール疲れにく訳ではありません。確かに内装の高級感と革シートの匂いは良い香りですが、それはあくまで高級感があるだけです。乗り心地に直結はしません。

革シートの最大の欠点といえば、お尻が滑る点です。特に、ホールド性が低く小柄な人が座るとツルツル滑ってしまいます。「今まで気にしたこと無かったけどなぜか疲れていた」なんて人はこれに該当すると思います。運転中は特に気にならなくても、お尻が滑ると人は無意識に踏ん張ろうとしますので、いつの間にかなぜか疲れてしまうという訳です。

また、革シートと言っても、フカフカのタイプもありますし、硬めの座り心地タイプもあります。一概にどっちが良いとは言えませんが、基本的には若干硬めが良いと言われています。ひと昔前の高級車の乗り心地は、サスペンションもシートもフワフワするタイプが多かったですが、今の高級車は逆に「ある程度の振動を受けつつうまくドライバーに伝える」ハイテクなサスペンションが採用されています。振動は確かにきますが、ドライバーがそれを不快と感じない作りになっています。

ハイブリッドカーなのに燃費が悪い!不良品ではない

プリウス

維持費を少しでも安くする為にハイブリッドカーを買った。それなのに燃費が悪くて全く恩恵を受けていない!なんて人も多いはず。これはユーザー側の責任ではなく、売る時に営業マンが説明しなかった、もしくは知識が無かったせいだと言えます。

ハイブリッドカーの燃費が良くなる絶対条件として「走行距離」があります。しかも、一回で走る距離が長い人限定です。これをクリアできないと燃費はなにをしても伸びません。

ハイブリッドカーの燃費を良くする方法をまとめた記事がありますので、気になる人はチェックして下さい。

【ハイブリッドカーの燃費を良くする走り方やコツ】ガソリン車との違いや注意点を知って楽しく走ろう

2018年11月21日

マニュアル車のシフトポジションで「R」がバラバラなのはなぜ?

当たり前かもしれませんが、オートマでもマニュアルでも、車が加速していくギアは【1速→2速→3速→4速→5速→6速】というように進んでいきます。逆に、車をバックさせるまでの過程では【6速→5速→4速→3速→2速→1速】となります。バックギアに入れる直前のギアポジションは1速または2速となりますので、使い勝手を考慮して「R」の位置はローギア付近となります。

車種によっては稀にハイギア付近の位置にある場合もありますが、間違えて5速や6速に入れてエンストしないように「シフトノブにロック」があり、これを解除しながら操作しないとバックギアに入らない工夫がされています。

シフトノブ

国産車とは違って輸入車のライトスイッチがインパネにある理由

国産車のヘッドライト関係のスイッチ類は、どんなクルマであろうがステアリングに設置されています。対して輸入車は、ほとんどの車種でインパネ部分に設置されています。

実は、これらには運転がどうこう、使い勝手がどうこうという理由はありません。単に歴史だけが関係し、国産車は昔からステアリング部分、輸入車は昔からインパネ部分に設置されていて、それが今でも伝統として残っているだけです。

ちなみに近い将来には、ヘッドライトのオート機能が義務化される見通しとなっていて、スイッチ類そのものが無くなる可能性もあります。ハイビームとロービームの自動切換えがある今の車では、設定ミスによってハイビームのまま走っている車によく遭遇しますので、安全面を考えてもその方がいいかもしれませんね。

ライトスイッチ輸入車

車によってマフラーが方側右・左出しや両側2本出しがあるのはなぜ?

エンジンやボディータイプによって右側出し・左側出しマフラーを使い分けている訳ではなく、基本的にどっちから出した方がリアビューがしっくりくるかで違ってきます。車にとって右側出し・左側出しのどっちが性能として優れているとかはありません。

また、両側出しマフラーは大排気量エンジンに採用されているケースが多いです。排気量の大きいエンジンから排出される排気ガスを、効率よくサイレンサーを通して排出するには片側出しでは容量オーバーの為です。

大排気量エンジンではないのに関わらず、両側マフラーを採用している車がありますが、それは迫力あるリアビューにする為です。主に高級車や小排気量スポーツカーがこれに該当します。

マフラー2本出し

主婦の方は必見!ネットで申し込む自動車保険が安い理由とは

自動車保険と言えば「目に見えない商品」であり、大抵の人はなるべく安く抑えたいと思っています。もっと言えば、電気代やガス代、携帯代と同じで【毎月必ず払う必要があり】家計に大きく影響する存在です。家計簿をしっかり付けてコツコツ貯金している主婦の方には是非知って欲しい存在、それが「ネット自動車保険」です。

ディーラーや会社で加入している方がほとんどだと思いますが、ネット自動車保険が1番安いです。ちなみに会社で加入している方は、団体割引が効いていて安いと思われていますが、団体割引は会社全体での事故率が低く、保険会社から見て優良顧客と認定されている事が前提です。保険会社から見て超優良企業であれば団体割引60%も存在しますが、ほとんどの企業ではせいぜい30%前後となっています。

ネット自動車保険の場合は、ネット広告費以外は経費がほとんど掛かっていない為、人を使って保険業務を行う必要があるディーラーや勤務先に比べ、圧倒的に保険料が安くなっています。団体割引が30%前後の方でもネット自動車保険の方が安い可能性が高い為、試しに見積もりして今の保険料と比較してみましょう。

自動車保険ランキング

2019年版【自動車保険安さランキング】おすすめと保険会社選びの優先順位とは

2019年10月1日


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。