【VISION EQS】がメルセデスベンツで開発中?高級なSクラスに相当する

VISION EQS
VISION EQS

https://clicccar.com

 

メルセデスベンツのSクラス並みのモデル

モーターショーでお披露目となった「VISION EQS」。

EQ=フルEV

S=Sクラス

を意味しています。となると、内外装共にSクラス相当のハイエンドモデルとして開発されているようです。

スペックは以下の通り。

パワーユニットEV
最高出力/最大トルク350kw以上/760Nm
0-100km加速4.5秒以内
走行可能距離700km
充電時間20分以内(80%)

 

ハイパワーで加速性能はスーパーカー並みですが、最高速度は200kmに抑えられるようです。

充電時間は20分とかなり時短されていますが、急速充電が条件となると自宅で充電する場合は何倍もの時間が掛かる可能性が高そうです。

フロントとリヤそれぞれにモーターを備えるAWD構成とし、フロア下にバッテリーを置くことでフラットなフロアを可能にしています。電制の全輪駆動方式を採り、各ホイールへのトルク配分を適宜調整します。

VISION EQSの特徴

「Vision EQS」は全体のデザインがシームレスに見える工夫がされています。流れるようでいて力強さも感じられるエクステリアは、ラグジュアリーさと空力を考慮したエレガンスなデザインとなっています。

【ライトベルト】と呼ばれる光の帯がボディーを取り囲み、流れるようなパワフルで先進的な印象を与えています。

リアには229個のLEDと、デジタルフロントグリルには188個のLEDで【3次元効果】を作り出しています。

Bow=弓を意味するOne-Bow Designとして構成される造形は、ルーフを中心とした張りのあるテンションを各部に張らせることで、合理的な造形に力感を与えた「重厚感」をイメージしています。

VISION EQS

https://cdn.car-moby.jp

 

Sクラス以上のインテリア

内装には高級ヨットからインスピレーションを得て反映しています。

VISION EQS インテリア

https://car-repo.jp/

高級ヨットと言われればイメージ通りのインテリアに仕上げられていて、クリアで流れるようなデザインで新時代の快適空間を作り上げています。

ダッシュボードはフロントトリムであるボディと一体化しており、コクピットが乗員を包み込む特別空間を演出し、ダッシュボードとセンターコンソール、アームレストは空間に浮かぶように設計されています。

トリム材やシートなどにはペットボトルなどの再生素材で作られたマイクロファイバーのDINAMICAやカエデ材を採用。ルーフライナーの高品質なテキスタイルは、海洋ごみのプラスチックが再利用された究極のエコカーとなっています。

メルセデスベンツとしては稀となる人工皮革にもトライしています。

写真の通り広々とした室内空間は、クルージングをイメージさせ、足を投げ出して座る低全高の高級サルーンとなっています。

インレイなどのトリム要素に組み込まれた通気口・ゴールドのスピーカーカバー・装飾ホルダーに入れられた宝石のようなフラスコが含まれていて、インフォメーションシステムには高度な「MBUXシステム」を搭載しています。

VISION EQS インテリア

https://www.autodevot.com

VISION EQSは次世代のメルセデスベンツ

容量約100kWhの高効率リチウムイオンバッテリーがダイムラーの完全子会社であるアキュモーティブ製だったり、世界で初めて「スター」と940個のLEDと188個の回路基板で構成するデジタルフロントグリルを採用していたり。

VISION EQS

https://www.bing.com

ホログラフィックレンズのモジュール動作は毎分2000回転を上回り、メインモジュールと回転基板がほぼ人の目には見えなくなるため、各ヘッドライトのLED500個が宙に浮かぶように見える技術など、現代段階でのメルセデスベンツを最新技術をアピールする車両にもなっています。

VISION EQS リア

https://genroq.jp

ちなみに時代の流れでもある「自動安全機能」や「自動運転」に関しても、この車が市販される頃には実現できると言われています。


車を一番高く売りたい方は【中古車買取オークションのSellCa】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。