三菱【MI-TECH concept】は斬新なバギータイプとしてお披露目

MI-TECH

車名は「MI-TECH」。

「M」はMITSUBISHI の頭文字、「I」はIntelligent(知性)、Ingenious(創意工夫)、Inspired(閃き)を意味します。「TECH」はTechnology の略であり、三菱自動車の将来技術が多数搭載されているようです。

ミーテックのコンセプトとは

「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV」をコンセプトとし、軽量・小型化した新しいPHEVシステム、4モーター方式の電動4WDシステム、先進の運転支援技術と予防安全技術をスモールサイズのSUVに凝縮しています。

ブランドメッセージである “Drive your Ambition”を体現するコンセプトカーとなっています。

懐かしいようで新しい三菱DNAですが、やはり四駆の三菱はしっかり健在している模様。無骨さがたまらない独特なダイナミックシールドが三菱ファンを虜にしそうですね。

エクステリア

「ドライバーの冒険心を刺激するデザイン」

このコンセプト通り、世にも珍しいバギータイプのモデルが誕生しました。

ダイナミックで露骨なデザインでまとめられたエクステリアですが、モーターコイルをモチーフとしたカッパーの差し色を、グリル、ホイール内部、インテリアの各所に入れることで、電動車としての先進性を表現しています。

フロントフェイスには三菱自動車のデザインを象徴する「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用し、次世代でありながらも受け入れられやすい印象です。

バンパー下部では、アルミ素材のスキッドプレートを両サイドに配してボディをガードし、大きく張り出したオーバーフェンダーと大径タイヤによって、SUVらしさを表現しています。

MI-TECH

https://www.mitsubishi-motors.com

リヤエンドは、大きく六角形に削り出した大胆な造形によってフロントマスクに負けない力強さを表現しながら、ヘッドランプと共通のT型デザインのテールレンズとしています。

MI-TECHは中と外を分けない一体感が独特の塊を見せています。機能が表に出るだけでなく、デザインが内側にのめり込んでいくような不思議なデザインでなんとも新鮮です。

MI-TECH リア

https://www.mitsubishi-motors.com

インテリア

トヨタのプラドやランクル、FJクルーザーのオフロード車で共通している【水平基調としたインパネ】によって、クルマの挙動が掴みやすい機能的なデザインとなっています。

実にシンプルなインテリアでありながら、オフ感は弱めでラグジュアリー感も少し感じられる不思議なデザイン。

またフロントウィンドの内側には車の挙動や地形の認知、最適なルート案内等、運転を支援する情報をグラフィカルに表示し、運転の楽しさや安心感を醸成してドライバーの冒険心を刺激する機能を搭載。

高級セダンに採用されている「ヘッドアップディスプレイ」と類似している機能ですね。

MI-TECH インテリア

https://www.mitsubishi-motors.com

 

PHEVシステム

軽量小型化された新プラグインハイブリッドEV(PHEV)システム(発電用ガソリンエンジンからガスタービンエンジンへなど)を採用。

従来のガソリンエンジンに比べて軽量・小型が特徴のガスタービンエンジンですが、環境意識の高まりとともにダウンサイジング化が進んでいる中、技術的提案としてPHEVシステムをスモールSUVに搭載する事が可能となりました。

1番の特徴は、ガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコールなど様々な燃料が使用可能な点です。地域によって最適な燃料を選択することができるため、環境・エネルギー問題に対して柔軟に対応が可能となります。

さらに、電動4WDシステム(Quad Motor[クアッドモーター]4WDシステム/ドュアルモーターAYCを前輪と後輪にそれぞれ搭載)しています。

ブレーキキャリパーも電動化することで、四輪の駆動力・制動力を高応答・高精度で制御し、旋回性能とトラクション性能を大幅に向上されているようです。

日常走行から悪路走行まで全てのシーンで安心して走行が可能で、左右のタイヤを逆回転させることにより、その場で180度回転できるようになる等、SF映画に登場してきそうな新感覚の走行も出来るようです。

 

まるでSF映画に登場してきそうな最新技術

https://www.mitsubishi-motors.com

“Drive your Ambition” 「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という志を持ったユーザーの想いに応えるクルマづくりを表現する、三菱自動車のブランドメッセージを体現できる機能が搭載されています。

先進の光センサーを用いたセンシング技術により検知した様々な情報を、フロントのARウィンドウシールドに映し出すヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を搭載。

リアルタイムの道路状況や交通状況、周囲の環境などをドライバーへ知らせるために、窓ガラスの内側へ様々な情報を映し出す機能です。

霧や大雨などの視界が悪い状況でも注意喚起をし、一般道や高速道だけではなく、未舗装の山道などでも最適な情報をドライバーに伝えることによって「安心・安全」を提供するシステムです。


車を一番高く売りたい方は【中古車買取オークションのSellCa】

日産IMKは軽自動車よりも一歩も二歩も先へいく次世代電気自動車

2020年2月4日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。