日産からフェアレディZが登場!2022年春デビュー決定!?

新型フェアレディZ

最近車好きの中で話題となっている【フェアレディZ復活説】。

いよいよこれが本格的に現実味を帯びてきました。デビューとされているのは2022年3月で、ファンにとってはかなり待ち遠しいに違いありません。

エクステリア

新型フェアレディZのエクステリアですが、基本的には昨年9月に公開されたプロトタイプから大きく変更される点はありません。

ボディサイズは全長4382×全幅1850×全高1310と、プロトタイプと同サイズ。現行の34フェアレディZと比較すると、全長が120㎜延長されている程度となっています。

それでも、元々伸びやかで美しいロングノーズスタイルがさらに強調されて、まるで初代S30フェアレディZを彷彿とさせるようです。

フェアレディZ比較

パワートレイン

注目されているパワートレインですが、新型フェアレディZにはスカイラインに搭載されている【V6 3リッターツインターボ】が採用される予定。

グレードによっては304ps、さらにその上をいく405psのハイパワーモデルも投入されるという情報があります。

GTRは600psのモンスターエンジンを搭載していますが、車重が新型フェアレディZの方が車重が400㎏軽いことを考えると、十分楽しめるクルマだということが簡単に想像できます。

トランスミッション

トランスミッションにもスカイラインの7速ATが組み合わされますが、注目したいのが6速MTが組み合わされる点です。

同じ3リッターターボを搭載するGRスープラがBMW製の8速ATしか設定していないのに対し、新型フェアレディZには車好きにしっかりと訴えかける仕様を用意し、スポーツ性を追求しているのが良く分かります。

現在の国産車では、FRのハイパワーエンジンを積んだMT車というだけで希少価値が高いことから、間違いなく注目されると断言できます。

気になる価格

価格についてはだれもが気になっていると思います。

ズバリ、新車価格は304ps仕様で400万円台。405ps仕様が500万~600万円程度となりそうです。

新型フェアレディZ リア

最後に

現行モデルにあるように、新型フェアレディZでもNISMO仕様が同時に用意される可能性もあります。すでに開発が進められているとの情報もあり、エンジンのパワーアップや足回りの強化など、NISMO専用チューニングに期待ができます!

今日までにお披露目されている新型フェアレディZはすべてプロトタイプのみですが、2021年秋の東京モーターショーでは市販モデルが展示される予定です。

電気自動車や燃料電池車に注目が集まっている現代には相反する車ですが、純粋なスポーツカーを、しかもMT仕様を購入できる最後のチャンスかもしれません。

気になる人は要チェックです!

全長×全幅×全高4382×1850×1310
ホイールベース2550
車両重量1280㎏
エンジンV6 3リッターターボ
最大出力/トルク405ps/48.4kgm
駆動方式FR
発売日2022年3月
新車価格400~600万円

関連する記事



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。