旧車【ソアラについてのブログ】まとめ/中古や値段とアドバイス

街道レーサー

旧車 ソアラは魅力的!

旧車はとてもカッコよく、所有するステータスもあります。珍しい旧車で走っていると周りの注目の的となり、個人的には高級車を買うよりも満足度は高いと思います。

ただし、旧車というだけあって年式はかなり古く、故障に悩まされる可能性も十分に考えられます。買う時は自分自身の目で状態確認をしっかりとした上で、自分好みのソアラを見つけて下さいね!

ちなみに旧車のソアラではなく、「新車で買いたい!」という人もいるかもしれません。ソアラの後継車種はレクサスLCとなっていますが、価格が大幅にアップし中々手が出せないレベルになってしまいました。かつてのソアラに比べてエクステリアは「近代的でラグジュアリー」かつスポーツ寄りとなっています。

ソアラをシリーズ化して初代から歴史を紹介してきましたが、初代から4代目まで【ソアラはトヨタの技術を結集して作られた車】という事を感じてもらえたでしょうか?

初代ソアラ

今現在のトヨタ車は「ソアラが起源」となっている装備が多くあり、あなたが乗っている愛車の当たり前に感じている機能ももしかしたらそうかもしれません。

改めて考えてみると当時のソアラに装備されていた【スピードアラームやアクティブサスペンション】など「この装備は本当に必要か?」と感じるものもありますが、その当時の最先端技術を「利益を無視して惜しみ無く投入した」素晴らしい車だと思います。

特に初代と2代目のGTリミテッドは、当時の車好きからすれば憧れの車だったのでは無いでしょうか!

初代ソアラ

【ソアラ10型初代!旧車の紹介】中古車相場と当時の価格/故障などの注意点

2019年10月28日

当時人気だったソアラは今では希少となった

ソアラはバブル崩壊や国産車の2ドアクーペ市場の衰退、RVブームの到来によって徐々に人気を落としてしまいましたが、フルモデルチェンジの度にその新しい装備に驚かされたのは間違いありません。

今では軽自動車やSUVが人気となっていますので、ソアラのような【スペシャリティクーペ】という言葉もなかなか聞かなくなってしまいました。

またいつかソアラのような完成度と質の高い、大型の2ドア車が新車で出てくれる事を願っています。個人的には3代目の4.0GTリミテッドのアクティブサス仕様に一度乗ってみたいなというのはありますが、いかんせんなかなか中古自体が無いのでよほどの奇跡が起きない限り難しそうです。

ソアラは日産自動車で製造していたレパードの2代目モデルとよく比較されていましたが、パワー的にもソアラに比べ怠る部分が多く、販売的にはソアラの圧勝でした。

1988年8月のマイナーチェンジでレパードも3.0LV6ツインカムターボ仕様を追加しましたが、余り販売台数の伸びは感じられませんでした。

対して、トヨタから1989年に発売したセルシオはトヨタの予想以上に注文が殺到し、トヨタのフラッグシップカーはこちらに移行する形となりました。3代目ソアラはセルシオの2ドアバージョン的な存在となるため、ボディサイズを大きくしたのもその理由のひとつと言われています。

レクサスを導入する前置きとして4代目ソアラはラグジュアリー感をアップさせて世に出された訳ですが、少し国内市場を少し無視しすぎた部分があった為に売れ行きが落ち込んでしまった事も考えられそうです。

4代目ソアラ

それであっても、当時のカタログを見てみると開発者たちのこの車に対する熱意を感じますし、今見てもあまり古臭さを感じない素晴らしい車であることは間違いありません。ソアラを中古で手に入れたい人がいるのであれば、生産が終わってから年月も経っている為しっかりと一台一台自分の目で確認し、納得してから買いましょう!

旧車のソアラをカスタムして乗りたい!

ソアラを購入する一つの理由としてカスタムして乗りたいという人も多くいます。確かに初代モデルから終モデルにかけてドレスアップ済みの中古車(ヤンキー漫画に登場する街道レーサーなるもの等)も多く存在します。

しかし、中古で旧車をせっかく買うなら「自分なりのカスタムで仕上げたい!」と思っている人が大半を占めるハズです。カスタムの定番と言えば、アルミホイールやサスペンション等の足回り関係。 そしてエアロパーツ系ではないでしょうか。

初代モデルと2代目モデルに関してはヤン車仕様(街道レーサー)にして乗っていた人が多くいた事もあって、カスタムパーツは今でも豊富にあります。おそらく、そんなに苦労しないで自分好みのパーツを見つける事ができるでしょう。

街道レーサー

特に2代目モデルは、その当時販売されていた初代スープラとの部品が多く、カスタムは比較的簡単にできるようです。

ただし、カスタムして乗りたい人はグレードに関して少し注意が必要になります。2代目の3.0GTリミテッドエアサス仕様になると足回りの改造が少し難しくなることが予想されますので、ノーマルの3.0GTや2.GTツインターボを選ぶことをオススメします。

それに上級グレードはもともと内装も装備もかなり充実している為、 カスタマイズするにはそもそも少しもったいないような気がします。

ソアラ走り屋

 

3代目に関してはドレスアップして乗る人もいますが、2.5GTツインターボはFRにその当時最強と言われた280馬力を発生するパワフルなエンジンに加え、5速マニュアルも設定されてい事もあって【走り屋仕様】にしている中古が目立っています。

また、エンジンを乗せ換えているケースも多く存在しますので整備手帳で確認するなり、ショップに直接聞くなり、自分でエンジンと距離をチェックするなどはした方がいいでしょう。

また、1993年にフルモデルチェンジされた「2代目スープラと同じゲトラグ社製6速マニュアル」に替える事も簡単だったようで、様々なチューニングベースに用いられました。

もともと販売台数が少い上にマニュアルミッション車は市場になかなか出回らない為、程度の良い中古を探すのは少し苦労するかもしれません。

ちなみに4.0GT系はほとんど市場に出回らないので、カスタムしている中古自体あまり見られませんが、もしノーマルから改造して乗りたいのであれば中期型の3.0GTをベースにしたほうが良さそうです

2代目と同じく電子デバイスが満載していることや、特にアクティブサスペンション仕様だった場合はコイルばねを使用していない特殊な構造のため、足回りのチューニングはまず不可能と思ってもらったほうがいいと思います!

さらに、アクティブサスペンションは故障が多いとも言われています。もし故障してしまうと修理費用としてかなりの出費になる事が想定されるので、予算的にカスマム自体が出来なくなってしまうかもしれません。

しかし、今となっては4.0GTはかなり貴重なグレードとなっていて、アクティブサスペンション仕様はそもそも市場に出回ることがほとんどないグレードです。なので、4.0GTリミテッドを探す場合はノーマルのまま乗ることを前提とし、V8エンジンの滑らかなフィーリングを楽んでもらえればと思います。

【ドレスアップベースとして乗りたいのであれば中期型以降の3.0GT系】

【走り屋仕様にして楽しみたいのであればパワフルな2.5GTツインターボ系】

を選ぶのがベストと言えるでしょう!

 

4代目に関してはレクサスSCに移行後、スーパーGTの参戦車両のベースにしていた事もあってモータースポーツのイメージが多いですが、走り屋仕様の中古はほとんど存在しません。

さらに、車格や価格が大幅に上がった事で内装の質感と作りがハイレベルになった点や、マニュアル仕様やターボ仕様が廃止されてV8エンジンで統一されている事が関係して、外装以外でカスタムする所があまりありません!

エンジンに関しては、過去にTOMSからソアラ用のスーパーチャージャーが設定されていたようなので、エンジンのパワーアップは比較的簡単に出来るでしょう。

外装部分でカスタムするとすれば、サスペンション・エアロパーツ・ホイール関係・足回りだと思われますが、調べてみるとそれらのパーツは豊富に用意されており、自分好みの仕様にカスタムしやすいと思います。

4代目のソアラはアクティブサスペンションやエアサス等の特殊な足回りの設定がなかった為、足回りを改造するのは比較的容易のようです。

また、1~3代目ソアラに比べて比較的安い中古も多く存在するため、オープンボディをドレスアップして乗りたい方にはいいベースにはなると思います。しかし、内装に関しては少し難しい部分があるようです。

特に、オーディオやナビを新式の社外品に交換するとなると難しい点があります。ネット上にはマークレビンソンオーディオシステム装着車に社外ナビを入れた例もあるの、例え出来たとしても難易度はかなり高くなります。もしナビやオーディオを新しく入れ替える場合は専門のショップに相談したほうが良さそうですね!

最後に、旧車を買う場合は専門知識を持った人と動いた方がより安心&スピーディーです。友達や知人にいるなら一緒に動くことをお願いしましょう。

ソアラ40

【ソアラ40】4000㏄オーバーで乗り心地も最高だけど燃費は最悪!

2019年11月18日
7代目セリカ

トヨタの旧車【セリカが人気の理由とは】エンジンやカスタム/注意点は?

2019年12月2日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。