プリウスで車中泊!?30と50で検証!スノーボードとサーフボードは中かキャリアか

高燃費と運転のしやすさでここ数年は安定して人気となっているトヨタの「プリウス」。

そんなプリウスは街乗りのイメージが強いと思いますが、車中泊やスノーボード、サーフボードを乗せるなどのアウトドアで使う事ができるのか解説していきます。

 

プリウスで車中泊は可能か?30系と50系それぞれで検証

車中泊といえばRAV4やランドクルーザープラドなどのSUV。ヴォクシーやアルファードのようなミニバン。もしくは王道のハイエースをイメージされる方が多いのではないでしょうか。

車が大きく室内も広い車種とは違って、セダンにも分類されるプリウスで車中泊は可能なのでしょうか。

プリウスの30系と50系でそれぞれ検証していきたいと思います。

プリウス30系で車中泊は可能?

3代目として2009年に販売開始されたプリウス30系はなんと言ってもハイブリッドカーを国内だけでなく世界で認めさせることに成功したシリーズです。

プリウス30系の室内の広さ
室内長:1905mm
室内幅:1470mm
室内高:1225mm

プリウス30系の荷室の広さ
*後部座席を倒した場合
荷室高:640mm
荷室幅:960mm~1580mm
奥行き:1580mm

RAV4やプラドと比較するとかなり狭いことが分かりますね。

日本人の男性の平均身長が約170cmなのでちょっと窮屈に感じるかもしれませんが、女性であれば楽に寝れるのではないでしょうか。

サイズ的には車中泊を出来なくはないといったところですが、30系プリウスは完全にフラットにできるので段差で悩まされる事もありません。家で使っている布団やちょっとしたカー用品を使えばより快適に寝る事ができそうです。

【 トヨタ プリウス 30系 162cmx120cm 】 SHINKE シンケ 【 車中泊 フルフラットシート上クッションマット 】≪ 本体生地:PUレザー(合成皮革)タイプ 厚み:約8cm 重量:約4.0kg ≫

 

 

プリウス50系で車中泊は可能?

3代目から6年後の2015年に4代目として発売されたプリウス50系は「燃費・静粛性・乗り心地・エンジンパワー」が格段にアップして、さらなる磨きをかけてフルモデルチェンジされました。

50系は、30系と比べて全長が60mm長い4540mm、全幅が15mm広い1760mmと一回り大きくなっていますが、室内の広さはどうでしょうか?

プリウス50系の室内の広さ
室内長:2110mm
室内幅:1490mm
室内高:1195mm

プリウス50系の荷室の広さ
*後部座席を倒した場合
荷室高:720mm
荷室幅:950㎜~1400㎜
奥行き:1840mm

30系に比べて幅は狭くなっていますが、フルフラットにしたときの奥行きが260mmも長くなっています!

男性もゆったり足を伸ばしてくつろげる事ができそうですが、30系とは違って荷室と後部座席の境目に段差が出来てしまうのがネックです。

スノコで段差の調整をしたり、クッション性の高いマットを敷くなどの工夫が必要となりそうです。

【 トヨタ プリウス 50系 2ピース構造 】 SHINKE シンケ 【 車中泊 フルフラットシート上クッションマット 】≪ 本体生地:PUレザー(合成皮革)タイプ 厚み:約8cm 重量:約4.0kg ≫

 

プリウスでスノーボード!板はどこに?冬道は滑りそうだけど大丈夫?

燃費がよくて運転もしやすいプリウスがあるなら長距離だって走りたくなりますよね。冬にはスキー場にいってスノーボードとかしたいって思う方も多いかもしれません。

「プリウスにボードが乗るのかな?」

「ハイブリッドで冬道はさすがに無理じゃないかな?」

などと心配になっちゃいますよね。でも大丈夫です。その心配はいりません!

それぞれ詳しく解説していきましょう!

スノーボードの板は載るの?どこに載せるのがベスト?

スノーボードはだいたい身長の-15cmの長さのものを使うと言われますよね。そうなると日本人の平均身長が170cmくらいなので、板は155cmの長さが一番使われていることになります。

155cmであればプリウス30系でも後部座席をフルフラットにすれば158cmの長さを確保できますので、よっぽど載せることはできそうです!

さらにプリウス50系であればもっと余裕を持って載せることができるので、長めの板を使っている人は30系よりも50系の方がよさそうですね。

もう一つの方法としてプラドなどのSUVのように「室内の天井側に固定」する収納の仕方は、プリウスの室内高があまり高くないので予想以上に窮屈に感じてしまいそうです。

やはり、ベストな載せ方は後部座席を倒す方法ですが、大人でも3人、頑張れば4人乗る事ができるので安心して下さい!

プリウスで冬道は滑らない?4WDが必須なの?

雪の降る冬道は、「4WDじゃないと滑る」「ハイブリッドで雪道なんて危ない」と思っている方が多いのではないでしょうか。

確かにSUVや本格的な4WD車に比べれば劣ってしまいますが、よっぽどの事が無い限り心配はいりません!むしろプリウスで冬道を走っても問題ないと言ってもいいレベルです。

アイスバーンだったら無理でしょ?と思う人もいるかもしれませんが、坂道で凍結してツルツルの状態であれば、プリウスだけでなく4WDでも滑ってしまいます。

また、アイスバーンじゃなくて新雪で深い雪道を走るとプリウスでは止まってしまいますが、SUVや4WD車でも十分に可能性はあります。

 

なぜプリウスでも冬道を問題なく走れるのでしょうか。

プリウスの馬力は1800ccですが、電気モーターを搭載しているので実質2400ccと同じくらいの力があります。ハイブリッドだからといって、プリウスには十分な馬力があるので冬道でも走ることが可能になりました。

さらに昔の2WDに比べてもかなり性能が上がっている為、電気式4WDを採用しているプリウスでも問題ないと言われています。特に、トルク配分が高いレベルでコントロールされているおかげで、雪道などでも路面にうまく力を伝えることが出来ています。

ただし、4WD性能を最大限引き出すためにはスタットレスタイヤの選択がかなり重要となります!!

タイヤも今どき「安いものから高いものまで」非常にたくさんの種類が存在していますが、「冬になってもほとんど履く必要がなかった」などの理由から安いスタッドレスタイヤで雪道を走るのはオススメできません。

スタッドレスタイヤの性能=価格

といった具合に、基本的には性能と価格は比例していますので、スタットレスタイヤの選び方には気を付けて下さいね!ちなみに使用年数もかなり影響しますので、古くなったら必ず買い替えましょう!

【取付工賃込】ブリヂストン ブリザック VRX 205/60R16 92Q スタッドレスタイヤ単品1本 | タイヤ スタッドレスタイヤ スタッドレスタイヤ単品 冬タイヤ 冬用タイヤ タイヤ単品 VOXY ステップワゴン プリウスα

 

プリウスでサーフィン?最近増えたけど板は中?それともキャリア?

夏のアウトドアで人気のあるサーフィンといえばハイエースやRAV4やランドクルーザープラドなどのイメージが強いですが、プリウスではどうでしょうか。

https://ameblo.jp/aas192508/entry-12373006279.html

最近では、サーフポイントにプリウスがある姿を見かける事も多くなりました。

サーフィンが好きな人にこそ、プリウスをオススメしたい理由

サーファーにこそ、プリウスをオススメします。

なぜなら、なんといってもプリウスのメリットである「燃費の良さ」があるからです!

最近ではハイブリッド仕様のSUVも発売されましたが、燃費がよくても20km程度(実質は10kmちょい)、ガソリン車では10kmにいかないことだってあるので、サーフィンに行くたびにガソリン代が結構キツイなんてことがありますよね。

しかし、プリウスは平均燃費が実質20km後半と倍近い燃費の良さから節約にもなり、浮いたお金で新しいボードを買うなんてことも可能になります。

 

サーフボードはどこに置くの?

「サーファーにこそプリウスがいいことはわかるけども大切なボードはどうするの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、スノーボードと同じように後部座席を倒せば30系も50系も十分に乗せることが可能です。

さらにはキャリアを使う選択肢も無しではありません(太陽の熱でワックスが溶けるのはご愛敬)。

 

SUVに比べて車高が低いため、キャリアにも積みやすいメリットはありますが、プリウスでどっちがいいの?と聞かれればぼくは室内に積むことをオススメします。

室内の広さもありますし、地球にエコなプリウスでサーフィンというのも今時オシャレではないでしょうか!

トヨタ 新型 プリウス 50系 分割ロング ラゲッジマット (ラバー)

十分な室内空間!プリウスは意外とアクティブに機能する

プリウスは見た目からすると「荷物が乗らないのでは?」というイメージがあるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

見た目以上の室内空間があり、ビックリするほどです。

車中泊も可能なくらいの広さがあり、ゴルフバックは4つも乗るくらいの広さもあります。

車中泊では、後部側に枕をおけば天体観測だってできそうです(笑)

プリウスは街乗りようというイメージが強いかもしれませんが、これだけ室内空間が広ければスノーボードもサーフィンボードも全然行けちゃいますし、キャンプの道具だって余裕を持って積むことができます。

燃費がよく遠出にも適しているので、長距離で気になるのは高速代くらいでしょう。プリウスを買えばガソリン代を気にせず、いろいろな場所へ出かることが出来そうですね!

【トヨタ・マイナーチェンジ後の新型プリウス】実際の燃費やユーザーの評価/価格/モデリスタとTRD仕様がカッコいい

2018年12月15日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。