ライズとロッキーで車中泊は出来るのか?荷室は案外広い?レジャー向きか検証

トヨタのライズ、ダイハツのロッキーはデビューしてから今なお大人気で、雑誌でも高評価を受けています。

このトヨタから販売されているライズとダイハツから販売されているロッキーは姉妹車だという事はご存知でしょう。

この2車種は【小型SUV】が売りですが、SUVと言われるだけあって求められる使用用途も多種多様です。

サーフィンだったり、スノーボードやスキーだったり、キャンプだったり。

そんな人達にとって車中泊も絶対条件だったりします。

小ぶりなボディーサイズとなっているライズとロッキーですが、果たして車中泊は出来るのでしょうか?

荷室の広さを検証した上でレジャーなどのアウトドアや車中泊に向いているのか調べてみました。

ライズとロッキーで車中泊は出来るのか?

5ナンバーのSUVとして販売を開始したライズとロッキーですが、3ナンバーに比べて車がコンパクトになっているので

「さすがに車中泊は難しいなぁ」

と思っている方が多いのではないでしょうか。

そんなことは、ありません!!

小型なボディーであるライズとロッキーでも、案外快適に車中泊をすることが出来ます。

なぜライズとロッキーでも車中泊ができるのか解説します。

まず、車中泊がしやすい車の条件は次の3つです。

・フルフラットにすることができる車
・寝返りが打てるくらいの広さがある車
・足を伸ばして横になることができる車

ライズとロッキーは、フルフラットにすることが出来ます。小型のRAV4と言われるだけあって、この2車種も同じく2列目シートを前に倒せばフルフラットにすることが可能です。

次に、寝返りを打つことができるだけの広さがあるのか検証してみましょう。

ライズをフルフラットにしたときの室内の幅は「755mm」となっていて、シングルベッドの幅である「910mm」と比べて小さ目ですがそれでも十分寝返りをすることは可能です。

最後に、足を伸ばして横になれるだけの広さがあるのか考えてみましょう。

ライズとロッキーは、フルフラットにした状態でフラット面の全長は「1500mm程度」しかありません。

男性であれば、ちょっと厳しいですね。

そこで、ちょっとだけ工夫をするだけで足を伸ばして楽々寝れる環境を作ることが可能です。

運転席、助手席の座席をボンネット側にスライドしてみましょう。頭をバックドア側にして横になれば足元にそれなりの広さが確保できます。

車中泊となるので、寝てる最中に運転をすることはないので足を伸ばして快適に寝ることができるはずです。

また、車中泊をする際にオススメなのが、車中泊用のマットレスなどを使用することでライズとロッキーでも快適に過ごすことができます。

車中泊グッズは意外と豊富にありますので、自分に合った商品を準備しておくといいですね。

ライズとロッキーの荷室サイズ・スノーボードは入るのか?

ライズとロッキーで車中泊が出来ることは分かりましたが、フルフラット時の広さ、通常時の荷室の広さはどれくらいなのか??

荷室の広さやスノーボードを入れることができるのか検証してみます。

ライズとロッキーの荷室の広さは?

ライズとロッキーのフルフラット時には、車中泊できるほどの広さです。

荷室幅 1000mm
荷室長 1500mm
荷室高 865mm

フルフラットにせずに五人乗りでも5ナンバーとは思えないほどの広さがあります。

荷室幅 1000mm
荷室長 755mm
荷室高 865mm
荷室容量 369L

コンパクトだけど、荷室が広いのがライズとロッキーの特徴です。

https://www.tochigitoyota.com/file/cms/-1/1443611/raize_top_img11.jpg

スノーボードの板は乗せることができる?

「荷室の広さはわかったけど、スノーボードは乗るの?」「せっかくSUV買うならスキー場に行きたい!」と思う方も多いはずです。

ライズとロッキーはスノーボードの板を乗せることが可能です。

2人分を乗せることはもちろんの事、3人分も乗せる事が可能です。

ただし、三人分の板となるとさすがにライズとロッキーほどのコンパクトサイズでも載せる事ができる工夫がされています。

ライズとロッキーは、デッキボードを一段下げることができるため、ゆとりを持ってスノーボードを載せる事が可能です。

片側の後部シートを倒して、デッキボードを一段下げた状態にすることで三人分、もしくは4人分のボードを載せることだって出来ちゃいそうです。

 

ライズとロッキーにサーフィンのボードは入るのか?

冬にスノーボードを趣味として持っている人達には、夏にサーフィンもするという人も多いはずです。

「せっかくSUVを買うなら春夏秋冬と使いこなせる車種にしたい!」「スノーボードに行けるだけでは満足できない!」

そんな想いにもちゃんと応えてくれるのでしょうか?

 

5ナンバーでコンパクトが売りのライズとロッキーですが、果たしてサーフィンボードを乗せることが可能でしょうか。

答えは、サーフィンの板だって載せることができます!!

サーフィンの板はスノーボードに比べてボード自体が長いですが、2人分の板を載せてサーフィンに行くことが出来ちゃいます。

ここでも活躍をするのが、デッキボードの一段下げる技。

ライズの室内長は「1955mm」あるため、サーフィンの板でも比較的余裕を持って載せられそうですよね。

デッキボード一段下げて後部座席の助手席側背もたれと助手席を倒せば、ロングボードなどの長めのボードでも載せることができそます。

しかし、ロングなどの長めの板をこのように載せるのであれば助手席が潰れてしまいますので、一緒に行く相方には後部座席に座ってもらわないといけないデメリットはあります。

まぁプラドやRAV4にも言える事ですが。。。

このように、コンパクトサイズでありながらサーフィンのボードでも余裕を持って載せることができるのは、ライズとロッキーの特徴の一つです。

 

ライズとロッキーはキャンプや釣りにも使えそう!

夏はサーフィン、冬はスノーボードと春夏秋冬のアウトドアで活躍をするライズとロッキーですが、活躍の場はそれだけではありません。

アウトドアの定番と言えば、「キャンプ」「釣り」とありますが、そんなシーンにもライズとロッキー活躍してくれます。

キャンプと釣りそれぞれどのように使用することが出来るのか見てみましょう。

https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1216/323/002_o.jpg

キャンプで使えるライズとロッキー

ライズとロッキーは車中泊が出来ることは説明を行いましたが、車中泊でのキャンプだけでなくテントで寝泊まりするキャンプにも向いています。

そのようなキャンプに行く時は、テントだけでなくクーラーボックスやバーベキューセットなどの荷物をたくさん持って行くことになるはずです。

ライズとロッキーの荷室の容量は、5人乗りの仕様の時に「368L」もあります。

「368L」がどれぐらいの容量なのか分かりにくいですよね。ホンダのSUV「CR-V」よりも、トヨタのCHR(318L)よりも大きい容量を備えています。

CR-VやCHRよりもコンパクトなライズとロッキーの容量が勝っているのは意外ですよね!

それだけでなく、デッキボードの下にも80Lの容量があるため、積み方を工夫をすれば更に多くの荷物を積み込むことができます。

家族4人でもたくさん荷物を積んでキャンプに行けそうですね。

https://5v0amqxf.user.webaccel.jp

ライズとロッキーで釣りに行こう!!

今までのSUVでも問題なく釣りに出かけることは出来ると思いますが、小回りが効きにくく大変な思いをしたことがある方も多いはずです。

しかし、ライズとロッキーは5ナンバーの大きさです。

小回りが効いて走りやすいトヨタのアクアとほとんど同じ全長のため小回りが効きやすくなっています。

ライズとロッキーの全長:3,995mm

アクアの全長:4,050mm

 

コンパクトなのは想像できそうですが、まさかアクアと同じくらいの全長というのはさすがにビックリしたという人も多いのではないでしょうか?

それに加えてSUVとなれば、山で渓流釣りにも向いていますし、4WDを選択すればより安心してぬかるみなんかも余裕で突破できちゃいます。

もちろん、釣りに必須なアイテム【クーラーボックス】だってなんの問題もなく荷室に積み込むことができますよ!

 

夏にサーフィン、冬にスノーボード、春秋にはキャンプと釣りとレジャーにと、

アクティブな人に最適なライズとロッキー!

今人気のSUVの最大のデメリット

「車の大きさから中々踏み切れない」

と思っていた人達には唯一手を出しても安心できるサイズ感が魅力的です。

ライズとロッキーの大きさはアクアと変わらないくらいなので、運転が苦手な人や免許取り立ての人にはもってこいですね!

コンパクトカーならではの小回りの良さと、SUVならではの力強さ、荷室の広さがあるライズとロッキーならレジャーなどの遊びに最適な車種です。

ライズとロッキーを選択することで今までよりもアクティブな遊びが出来る可能性が広がりそうですね

トヨタのライズ&ロッキー値段と値引きをレポート/評判はめちゃくちゃ良い?!

2019年10月20日

【トヨタのディスプレイオーディオについて詳しく紹介2019年10月版】これからは社外品ナビが付けれなくなる?

2019年10月5日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。