【アルファードやヴェルファイアのような高いリセールバリュー】ミニバンの下取り

アルファードやヴェルファイアのようなミニバンのリセールバリューは高いことで有名ですが、ミニバン全車種が高い訳ではありません。

それに関する注意事項を紹介していきたいと同時に、この記事を書いて、ミニバンの種類が意外と少ない事に気づきました。

車種が少し寂しいジャンルですが、買う時ではなく売る時の事について紹介していきます。

まず、ミニバンの代表的な車として以下の車種があります。

【トヨタ】

アルファード・ヴェルファイア・エスティマ(2019.8月廃盤)・ノア・ヴォクシー・エスクァイア

 

【ニッサン】

エルグランド・セレナ

 

【三菱】

デリカ

 

【ホンダ】

ステップワゴン

 

【マツダ】

該当なし

 

【スバル】

該当なし

 

このように、現在のミニバンは種類がかなり少ない状況にあります。マツダは2017年までにミニバン市場から手を引くと宣言し、予定通り取り扱い車種ゼロとなってしまいました。

また、スバルはミニバンではなく、ステーションワゴンをミニバンの代わりとして販売しています。

種類こそ少ないですが、この市場を独占しているメーカーこそがトヨタです。

 

ミニバンのリセールバリュー・下取りはなぜ高いのか?

ミニバンのリセールバリューはトップクラスに高いですが、ここで注意して欲しいのがトヨタ車に限るという事。

トヨタの中でもリセールが特に高い車種は、アルファード・ヴェルファイアで、次いでノア・ヴォクシー・エスクァイアの3兄弟です。

アルファード・ヴェルファイアのリセールが高い1番の理由は、海外で人気が高く数多く輸出されているからです。

トヨタの高級ミニバンと言えばこの2車種と言われるくらい、名前も知られていて信用もあります。最近では特にアルファードのリセールバリューが高騰しています。

また、ノア・ヴォクシー・エスクァイアの3兄弟は海外に輸出こそされませんが、日本国内での中古車市場で安定して人気があるのがリセールが高くなっている要因です。

ここで注目したいのが、人気のあるアルファードやヴェルファイアは新車価格が高いのになぜそんなに売れるのか?です。

高級車にも関わらず、乗ってる人は意外と多いですよね?

「なぜあの人が買えるのか?そんなにお金があるようには思えないのに、、、」

と考えたことはありませんか?実は、これにはカラクリがあります。

カラクリのひとつに「購入方法」があります。

実際のユーザーで、通常のローンや流行りの残価設定型ローンで購入している方が7割います。高級車であってもローンであれば買える可能性が高くなりますし、さらに残価設定型ローンなら尚更です。

通常のローンに比べてアルヴェルは残価設定型ローンの比率が高くなっていますが、なぜこの買い方が多いのかと言うと「リセールバリューが高いから」です。

アルファードやヴェルファイアは5年後の残価率が驚くことに50%もあるので、月々の支払い金額は通常リーンの約半額となります。

支払内容の一般的な例は

頭金¥300,000
月々¥35,000
ボーナス払い¥150,000

こんな感じです。

そしてこの買い方で1番おいしいのはこれ。2年乗ってしまえば、残債に対してプラスになる点です。

そう、5年という期間でローンを組みますが、実際は5年も乗らなくていいんです。

2年ほど乗ってしまえば借金を返してさらにお釣りが出るので、いつでも新車に乗り換えることが出来てしまいます。言い換えれば、融通の利くリース感覚ですね。

ちなみに、筆者もこの残価設定型ローンで高回転サイクルで新車に乗っていますし、過去にはヴェルファイアにも乗っていました。

しかも、売却する時は残債に対してかなりプラスが出ますので、「乗り換える度に月々の支払が減っていく」なんて事もあります。

まるでスマホのキャリア変更を繰り返しているのと同じ感覚に似ています。

ただし、大前提としてこの現象はリセールバリューがトップレベルに高い車種でしか起きません。逆を言うとリセールバリューが低い車種は残価設定型ローンのメリットがありませんので要注意です。

はたから見れば、高級車にバンバン早期代替えしているのでどう見てもお金持ちに見えてしまいますが、そうではありません。

車種選びも含めて車の買い方が上手なだけです。

 

【例え】

プリウスを300万で買って5年後に100万で売る。

ヴェルファイアを400万で買って5年後に300万で売る。

車業界の人間なら、間違いなく後者を選択します。燃費や税金等の維持費だけに気を取られるのではなく、購入~売却までのコストをしっかり計算して買いましょう。

 

高く売れるミニバンをより高く売るためには?

ではこのリセールバリューの高いクルマを、さらに高く売るにはどうしたらいいのかを、ポイントを5つに分けて紹介していきます。

ポイント①

ミニバン車を買うなら中古は絶対ダメ!新車を買うべき!

リセールバリューが高い=中古も高い=割高

買った時点で大損しています。買おうとしているそのクルマ、何年何万キロでいくらですか?

7年落ち8万キロで250万円とかしませんか?それを払えるだけの資金があるなら、ローンを組んででも新車を買った方が間違いなくいいです!

 

ポイント②

購入方法は現金一括じゃなくて、あえて残価設定型ローンを組むのもあり!そして早期代替え!

せっかくリセールバリューが高くても、現金一括だと1度手元から高額のお金がなくなります。

お金が有り余っている人や、金利がどうしても嫌いという方は致し方ないですが、それ以外の方は残価設定型ローンで上手に買いましょう。

手元にお金を残しながら、少額で良いクルマに乗り、早期代替えを狙いましょう。

 

ポイント③

代替えサイクルは2年から6年が絶対条件!

新車で買って1年で売るのはさすがに早すぎて損をしてしまいます。残債は清算できるかもしれませんが、プラス域が少額でメリットは少ないです。

逆に7年目以降は一気にリセールバリューが落ちます。これには輸出の規制が絡んでいますのでどうしようもありません。

もちろん、7年以降でも他のクルマに比べれば圧倒的にリセールバリューは高いですが、せっかく売るなら6年目までに高く売りましょう。

 

ポイント④

グレード・色・メーカーオプションは営業マンに確認を!

車種別にリセールバリューが高いグレードが必ず存在します。大ざっぱに言えば、中グレードより1つ上のグレードでしょうか。

ここで注意して欲しい点は、グレードが高いからといってリセールバリューも高いとは言い切れませんので、オススメは必ず営業マンに聞いてください。

外装は白か黒。内装はベージュか黒。メーカーオプションはサンルーフやスマートキー、両側電動スライドドアは必須です。

寒冷地仕様や革シートなど、車によってリセールバリューが高くなるポイントがありますので、これも必ず営業マンに聞いてください。

 

ポイント⑤

リセールバリューの高いランキングは次の通りです。

1位アルファード
2位ヴェルファイア
3位ヴォクシー
4位エスクァイア
5位ノア

断トツでアルヴェル。少し悪くなってノア3兄弟、その次にエスティマです。トヨタが断トツで高く、それ以外だとセレナやステップワゴンです。エルグランドは買う時は高いですが、売る時は残念ながら安いので要注意です。

 

一括査定や買取店でも値段を出しておく

下取りを少しでも高く売りたいのであれば、ディーラーだけで決めるのは間違いなくもったいないです。営業マンに提示された下取り価格が高いのか安いのか、それだけでも分かるようにしておいてください。

一括査定は個人情報と下取り車の情報を、スマホやパソコンから打ち込むだけで向こうから連絡してきます。

登録した瞬間から10社くらい電話がかかってきて面倒くさいですが、1日その作業に専念するだけで下取りのマックス値が把握できるのでかなりオススメです。

たとえマニアックな車でも、ボロボロな車でも必ずいい値段は付くので期待を込めて一括査定に申し込んでみて下さい。


また、そんな時間がないという人はせめて買取店を最低3社行きましょう。3社行くだけでおそらく価格の差が出てくると思います。

あとは3社のうち高い方と交渉しながらディーラーとも交渉しましょう。

まとめ

そもそもミニバンというジャンルはリセールバリューが高い傾向にありましたが、その中でもアルファードとヴェルファイアが断トツなのは異例かもしれません。

また、役員を送迎するクルマはレクサスやクラウンがメインでしたが、今はアルファードやヴェルファイアを使用している会社も増えてきています。つまりは、それだけ乗り心地や質感が高いということです。

高級車ですが、高く売れることを考えればトータルコストは案外安いです。中途半端なクルマを買うくらいなら、こういったクルマを買った方が本当にお買い得ですよ。

以下まとめ

  1. ミニバンはリセールバリューが高い
  2. 特にアルファードとヴェルファイアが群を抜いて高い
  3. 購入方法は残価設定型ローンがオススメ
  4. 代替えサイクルは2年から6年
  5. リセールバリューを意識した仕様を心がける
次期アルファード

【トヨタのアルファード・フルモデルチェンジ最新情報】アル/ヴェルで統合されて2022年4月にデビュー!

2019年6月14日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。