トヨタ86の新型が2021年にデビュー!価格はいくら?エンジンやターボ

ここでは2021年に登場が予想される新型トヨタ86について紹介したいと思います!価格やエンジンスペックは、どう変わるのでしょうか?

86の新型はいくらなのか?価格を予想してみた!

https://www.motor1.com/news/238179/next-gen-brz-86-rumors/

現行型トヨタ86の価格は、86 G(6MT)の267万円〜86 GT Limitedの348万円となっています(GRMNモデル除く)。

新型トヨタ86のプラットフォームはトヨタ製かスバル製か、最近噂が上がっている新しいMAZDAのFRプラットフォームになるのか不明なのですが、エンジンは2.4L水平対向4気筒になると予想しています。

スバルフォレスターもフルモデルチェンジして、2.0L水平対向4気筒ターボと2.0L水平対向4気筒自然吸気エンジンから、2.5L水平対向4気筒自然吸気エンジン(ターボ廃止)と2.0L水平対向4気筒自然吸気エンジン+モーター(ハイブリッド)に変更されましたが、価格はほぼ据え置きでした。

これを考えると、新型トヨタ86も価格的には現行型に近い価格になると予想します。

これ以上の価格になると、ミドルサイズスポーツのスープラとぶつかってしまうからです。

ただし、新型86の開発責任者の多田氏は、新型86はA90スープラを超えると宣言しており、GRMNモデルはさらに高価になる可能性もあります。

そうなると、86GRMNモデルは500万円〜600万円くらいはいきそうです。


86の新型に搭載されるエンジンと馬力は?

https://www.motor1.com/news/238179/next-gen-brz-86-rumors/

2020年秋に予定されている改良型のトヨタ・86とスバル・BRZのエンジンは現行型と同じFA20型の2L水平対向4気筒で、多少の馬力アップとも予想されています。

その後の2021年には、ついにトヨタ86のスバルBRZのフルモデルチェンジがあると予想されているのですが、そのエンジンは新開発の2.4L水平対向4気筒エンジンで馬力は240馬力前後と言われています。

アメリカではGT86とBRZの排気量アップが望まれていて、その要望に応える形でボアアップによる排気量アップが予想されています。

また現行型86の開発責任者である多田氏は、「新型86にターボチャージャーを搭載するなら、まったく新しいプラットフォームが必要だ。」と述べています。

このことは、新型86にターボモデルが存在するかもしれないということを示唆しています。

ただ、2年後までに全く新しいプラットフォームを用意するとなると大変なことなので、実現するのかどうか見守りたいところです。

https://toyota.jp/86/

新型スープラがシャシーとエンジンをBMWから供給したのも、自社で作るよりも効率がいいからであり、いかに自社で新型エンジンやシャシーを開発するのが大変か分かります。

スバルはアメリカでは、2.5リッター水平対向4気筒エンジンが支持されているので、この流れで行くと当然排気量アップしてくると思います。

トヨタ86、スバルBRZともアメリカでは非常に人気があり、トランスミッションもMTよりもATの方が人気があります。

アメリカでは、ハイウェイやカントリーロードの長距離を走る機会も多いため、ATの方が快適で、なおかつ排気量は大きいほど楽に運転できるため、その仕様が望まれているのです。

日本では、このようなスポーツカーは好きな人しか買わない趣味的な車ですが、アメリカではシビック・クーペやヒュンダイ・ジェネシスクーペなどがあるように、通勤や買い物やロングツーリングの移動手段としても、クーペボディの車が選ばれています。

ぜひ、現行ポルシェ・ボクスター、ケイマンのようにスバル製の水平対向4気筒ターボエンジンの登場を期待したいところです!

https://www.motor1.com/photo/1827773/2017-toyota-86-860-special-edition/

 


86の新型にはターボも設定されるのか?

https://toyota.jp/86/

また現行型86の開発責任者である多田氏は、「新型86にターボチャージャーを搭載するなら、まったく新しいプラットフォームが必要だ。」と述べています。

現行の86も完全新設計のプラットフォームではありませんが90%と言われていました。

トヨタの新しいプラットフォーム「TNGA」はFF用、FR用と続々と発表されていますが、新型86については未だに情報は入ってきていません。

https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17301566 TNGA

このような高剛性のボディを使えたら、ターボモデルにも対応できそうですが、水平対向エンジンを搭載したFRスポーツという特殊な成り立ちのために、これらのシャシーを使用するのかは分かりません。

しかし、フルモデルチェンジのトヨタ86となると完全新設計のプラットフォームを使用してくると筆者は予想しています。

ターボモデルとなると、GT-Rのようなトランスアクスルが理想ですが、そこまで凝ったレイアウトを取るとは考えにくいので、やはり現行86と同じ自然吸気エンジンの線が濃厚だと思います。

そもそも多田氏はこのクルマの開発を始めて、ユーザーの意見を聞きに回って決めたことは、安価で気軽に楽しめるスポーツカーというのがコンセプトでした。

それは、初代のAE86のようなクルマですよね。

そう考えると、ターボ化すると全く別のクルマになってしまいます。

現在の86/BRZはこのエンジンだから成功したとも言えます。

世界中のジャーナリストが楽しいと絶賛しています。

もし、この86がターボだったらまた評価も変わってきていると思います。

しかし、新型はGRMNモデルのような特殊なモデルにはターボの設定があるかもしれません。

トヨタでターボのスポーツモデルが登場するとすれば、2020年に日本でも開催されるWRCラリー選手権のWRカーのベースであるトヨタ・ヤリスに設定される可能性はありますね。

こちらも楽しみな一台です。

新型トヨタ86/スバルBRZは現在の楽しさに、更に排気量アップで適度なパワーアップを果たし、より楽しいクルマになると思います!!

https://toyota.jp/86/grade/

86とBRZの新型はどっちが良いか考えてみた

https://toyota.jp/86/grade/

結論としては、基本的に両車は一卵性双生児のようなもので、違いはありません。

ただ、世界的に認められているのはトヨタ86でコアなファンが世界中にいるのがスバル・BRZということになります。

スバルが水平対向エンジンを開発したから、スバルという人もいるでしょうし、86と言えば元祖AE86を連想して、トヨタ86と言う人もいます。

それぞれの好みで選んでいいと思います。

この2台の車のキモは専用設計の低重心パッケージと水平対向エンジンなので、それを搭載する両車は全く同じクルマということが言えます。

細かく見て行くと、サスペンションセッティングが違うという意見もありますが、気軽にFRスポーツを楽しみたい人はトヨタ86、もう少し拘ったハンドリングでグリップ走行も楽しみたいという人はスバルBRZでいのではないでしょうか。

新型についても基本は同じようなクルマになると予想します。

スバルについては、独自のサスペンションセッティングをしてくる可能性がありますが、それほどの違いないと思います。

しかし、どちらもタイヤを変えればグリップ走行も楽しめますし、結局多くの人達がサスペンションキットを交換しているので、スタイルなどの好みで選ぶのが一番オススメです。

新型はスバルのみ4WDになるなどすれば、また評価も違ってくると思いますが、このクルマはFRだから楽しめるクルマなので4WDにすることはないはずです。

トヨタは新型でも86GRMNモデル、スバルはtSモデルを出してくると思います。

現行型の86GRMNモデルの最上級モデルは拘りがすごくて、エンジン自体のパワーアップ、車体剛性の強化、専用バケットシート、アルミホイールなどで武装していました。

新型でも、このように86GRMNモデルは標準型よりもさらにパワーアップしてくる可能性もあります。

対して、スバルBRZ tSの方は、STI製の専用サスペンションにシート、アルミホイールと足回りとハンドリングに拘るスバルらしい一台になっています。

こちらも、新型BRZ tSではその点を踏襲してくると思います。

新型でも、ハンドリングではBRZ、トータルバランスでは86と言ったところでしょうか?

どちらの新型も期待して待ちましょう!!

https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/709/044/html/34.jpg.html

関連する記事



1 個のコメント

  • 早く見たい一心で待ってます!期待を込めて70歳の昔のスポーツカー乗りだったじいより

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。