【トヨタ・アクアの特別仕様車 口コミは?】“Rirvie”(リルヴィー)

アクアの特別仕様車リルヴィー レッド

こちらの特別仕様車は2019.7月をもって廃盤となりました。

アクアの特別仕様車はいくつかありますが、今回のはちょっと違います。

それは、「モデリスタのコンプリート車」ということ。

その名も【Rirvie】。

フランス語のRire(笑顔)とVie(人生)の造語。笑顔にあふれた人生(女性)がコンセプト。

普通の特別仕様車は、量産できるように生産ラインで製造されますが、Rirvieのようなコンプリート車は工程が違ってきます。

ベース車をいつものラインで製造して、その完成したクルマを後から改造(専門用語で架装って言います)します。

この記事では、その部分も触れながら紹介していきます!

まずは価格とベースグレードのご紹介から!

トヨタ アクア特別仕様車“Rirvie”(リルヴィー)の価格は?ベースグレードとどっちがお得?

通常の特別仕様車では珍しく、2グレードに設定があります。

特別仕様車
  • Rirvie S 2,197,800円
  • Rirvie G 2,351,160円

アクアの特別仕様車リルヴィー ホワイトパール
ベースグレードとの比較
  • S 1,886,760円
  • G 2,052,000円

価格差 Sに+311,040円 Gに+299,160円

うーん。。。特別仕様車にしては結構高くなりますねぇ。安いか高いかは後ほど判断しましょう。。。

アクアの特別仕様車“Rirvie”(リルヴィー)はなにが特別なのか?

まずはインテリアから。

インテリア

インテリアはすべてをブラックに統一!大人な落ち着いた雰囲気が特徴。

アクアの特別仕様車リルヴィー 内装

さらに、

今回の1番の売りは、これ!オシャレなキャメル色の合皮シート!

そして、ただの合皮シートではありません!キルティングとコントロールパーフォレーションが採用されているんです。色も、デザインもいい感じにオシャレになっていて魅力がありますね!

アクアの特別仕様車リルヴィー シート

アクアの特別仕様車リルヴィー ロゴ

キルティングとは、布と布の間に綿などが入っていることを言います。今回のシートで言えば、「柔らかくて座り心地が優しい」仕上がりになっているイメージ。パーフォレーションとは、シートに小さな穴が無数にあいていて、通気性をよくした状態。さらに、このアクアのシートは巧みな技術によって“穴”の大きさを部分的にワザと変えてチェック調に仕上げています。

次に、エクステリアの紹介をしていきます。

エクステリア

エクステリア

  • フロントグリルガーニッシュ(メッキ)
  • ヘッドライトガーニッシュ(ブラックマイカ)
  • バックドア(ブラックマイカ)
  • リヤルーフスポイラー(ブラックマイカ)
  • ミラーカバー(ブラックマイカ)
  • 専用エンブレム(フロントフェンダー)

この Rirvie に採用されている、メッキパーツやブラックマイカの部品は、この特別仕様車でしか手に入りません。ディーラーオプションに同じ用品はひとつもありませんので、特別感満載です!

次に、特別仕様車専用の装備を紹介していきます。

アクア“Rirvie”(リルヴィー)は大人の女性にうれしい特別装備が充実している

特別装備

  • IRカット機能付フロントドアガラス
  • シートヒーター(運転席・助手席)
  • ナノイー機能付きオートエアコン

さすがですね。かなり大人の女性に的を絞った装備内容になっていますね。実際にアクアの商談をすると、女性はこの3点を結構な確立で付けたいと思っていますよ。

シミの原因になる赤外線を防げたり、女性は足元から冷えやすいのでシートヒーターはありがたいですよね。よくひざ掛けを使っているのを見ますし。

ナノイーは体感できるほど効果があるのか、男性には分かりませんw

次は、バックドアが特徴的なボディーカラーのご紹介。

アクア“Rirvie”(リルヴィー)のボディーカラー

ボディーカラー

  • ホワイトパールクリスタル
  • スーパーレッド
  • ブルーメタリック

アクアの特別仕様車リルヴィー ボディーカラー

以上3点から選択可能。キャメル色のシートやブラックマイカのバックドアとの相性が良く、女性に人気のあるカラーだけに絞ったようですね!

コンプリート車のメリットとデメリット

まずは、メリットから紹介していきます。

メリット

  • 生産ラインを変更する必要がない。その為、コストや手間が大きく省ける(トヨタの基準になってしまいますが、1ライン増やすのにかかるコストは億単位と聞いたことがあります!規模がズゴすぎますね。)
  • 生産ラインを気にしなくていいので、変更点の多さが特別仕様車のレベルじゃない(ラインにコストが掛かっていないので、自由に、大幅な改造が可能!)
  • デビューして、万が一不発だったとしても、ラインは関係ないのでいつでも止められる。
  • 量産していないため、不具合が少ない。

デメリット

  • 完成したクルマを後から1台1台改造(架装)するので、納期がかかる。(標準グレードよりも半月~1カ月ほど掛かることが多いです)
  • それに必要な人件費や手間がかかってしまう。
  • 足回りやエンジンなど、クルマの主な部分の変更はできない。(その代わり、細かい部分の変更ができて、その変更箇所も多い傾向にあります)
  • 1台1台改造しないといけないので、コストがかかってしまう。その結果、お買い得感の強い通常の特別仕様車にはなりにくい

営業マンから見たアクア“Rirvie”(リルヴィー)の評価

評価は「良くできました」。

内装は評価が高いんですが、外装の「特別感」がもっと欲しかったかな。。。

ベースグレードの【S】や【G】よりも、標準グレードにある【G ソフトレザーセレクション】と比較検討した方がいいかも。

G ソフトレザーセレクション 2,079,000円

価格差 Rirvie S+118,800円 Rirvie G+272,160円

筆者は、G ソフトレザーセレクションで十分だと思うし、メインのキャメル色合皮シートが気に入ればRirvieを買えばよろしいかと。

金額的にこの特別仕様車は「お買い得」にはなっていないので、一目ぼれするか、しないか。判断材料はそれでOKかな!!

他にもアクアは特別仕様車が2種類あります。自分が1番欲しい特別仕様車をゲットしよう!

アクアの特別仕様車“Rirvie”(リルヴィー) 維持費を抑える方法

アクア“Rirvie”(リルヴィー)を買う時だけいろいろ調べて、買った後はもう満足ですか?

値引きと下取りをがんばったらそれでおしまいですか?

いいえ。まだやることが残っています!

それは、固定支出を減らすこと!

車の維持費はほとんど毎月決まっていて、ある程度、固定の支出となっています。これを削減できれば、車に掛かる年間トータルコストを大きく減らせます。

車の維持費では主に

自動車任意保険
自動車税
ガソリン代
車検代
月極駐車場代

の5つがあります。

この中で1番簡単に費用を抑えられて、その効果が大きいものが。

①の自動車任意保険です!

やることはとっても簡単。

①下にある自動車保険一括見積りをクリック⤵

②車検証を元に見積もり(すぐ終わります)⤵

③今入っている自動車保険を解約(代理店もしくはカスタマーセンター)⤵

④一括見積りの中で1番安い保険会社へ切り替える

たったこれだけ。今入っている自動車保険が「高いな~」と思っている人は必ずやってみましょう!年間保険料が半額になることもありますよ!

まずは見積もりだけでもしてみましょう!そしてネット保険の威力をあなた自信で味わってみて下さい。きっと、金額を見たら「え?こんなに安いの?」と声に出して言うはずです。

ディーラー勤務のぼくでさえ、自動車保険はこのインターネット保険を利用しています。本当はダメなんですけど、保険料の差がありすぎて、、、w



下取りはなるべく高く売ろう!

下取りをディーラーへ入れる。これ普通です。本当にそれでいいのでしょうか?

だれでもなるべく高く売りたいと思っているはず。ディーラーの下取り価格が高いかどうか、あなた一人で判断できますか?

おそらく、ほとんどの人は無理だと思います。

確実に言えることは、「ディーラーだけじゃ絶対損する!」営業マンのぼくが言うので間違いないですよ!

実際に買取店に足を運んだり、サイトを利用したり、素人のあなたでも出来ることはあります!

当サイトがおすすめするサイトを2社紹介しておきます。利用してね!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。