【モデルチェンジされたトヨタの新型カムリ】カッコよくなった内外装・売れ筋はハイブリッド!

名前の由来

冠=かんむり=kunmuri=camry=カムリ

英語やドイツ語などは全く関係なく、日本語の冠から造った造語。

トヨタ・カムリの歴史

トヨタのカムリは日本国内ではあまり売れておらず、わき役的存在でした。しかし、実は海外(特に北米)では絶大な人気を誇っていてトヨタのベストセラーの1台でもあります。カムリはあの「プリウス」よりも売れまくっているなんです。

カムリは世界各国およそ100の国々で販売されていて、トヨタの世界戦略に必要不可欠なクルマでもあります。海外の道路は日本とは全く環境が違っていて、信号も少なく直線が多いのが特徴ですが、トヨタ車の中でもそんな海外の道路環境に特化したのがカムリです。

前輪駆動にすることで後部座席を広くし、体の大きい外国人をゆったり座らせることのできる室内空間。長い直線道路を安定して高速スピードでクルージングできるように優れた直進性を得意としています。ただし、逆に上記の点が日本国内では弱点になっている部分でもあります。前輪駆動の為小回りが利かないこと。外国人の為にゆったり座ることができる室内空間を実現する代わりに、ボディーサイズが大きくなりすぎた点など、道路の狭い日本国内では使いづらい車となってしまいました。

A40・50型 1980年~1982年発売

初代カムリ。

既に販売されていたクーペスタイルが特徴のセリカのセダン版として発売されました。呼び名はカムリではなく、正式名称はセリカ・カムリと呼ばれ歴代セリカで唯一の後輪駆動でした。販売期間はとても短く、市場の新規開拓のために急遽デビューさせたクルマだったと言われています。

SV10・CV10型 1982年~1986年発売

2代目カムリ。

ただし、初代カムリはセリカの派生だった為この型を初代と考える人も多いです。この型からカムリ特有の前輪駆動となっていて他のセダンに比べても群を抜いて広い室内空間を可能にしました。また、この型から日本仕様が海外へ輸出されるようになり、海外では輸出仕様のハッチバックも販売されていました。

残念ながら国内の発売台数は伸びませんでしたが、海外ではかなりの台数が売れ、グローバル戦略としては成功しました。

SV20・VZV20・CV20型 1986年~1990年発売

3代目カムリ。

室内の広さを犠牲にし、エクステリアとインテリアの質感を向上し、高級感アップによるブランドの確立を狙ったモデルだった。

海外仕様も含めれば、ひと言にカムリと言っても、ステーションワゴンやハードトップ、4WDなどバリエーションは豊富にあった。

SV30・VZV30・CV30型 1990年~1994年発売

4代目カムリ。別名セプター。

日本国内専用車として発売され、丸みを帯びたエクステリア、豪華な内装が特徴です。当時の日本はバブル期だったこともあって、セルシオの小型版のような存在として人気がありました。ボディータイプは4ドアハードトップのみ。

SV40・CV40型 1994年~1998年発売

5代目カムリ。

バブル崩壊のタイミングと重なったため大きな設計変更を強いられました。前モデルに比べるとコストダウンによるエクステリアやインテリアの簡素化が目立っています。このモデルからV6エンジン搭載のプロミネントが消えました。

SXV20・MCV20型 1996年~2001年発売

6代目カムリ。

このモデルから今風のデザインになり、同時にV6エンジンが復活しました。3ナンバーサイズ。北米では爆発的に売れたモデルとなしました。このモデルでクーペは廃止され、セダンとステーションワゴンの2タイプとなりました。

ACV30・MCV30型 2001年~2006年発売

7代目カムリ。

ラインナップはセダンのみとなり、同時にV6エンジンが廃止されました。ウィンダムと同じプラットフォームを流用し、カムリにはスポーツタイプのグレードが追加されました。大型ヘッドライトを採用し、エクステリアは近未来的なデザインが特徴です。

ACV40・ASV40・GSV40型 2006年~2011年発売

8代目カムリ。

ウィンダムの廃止に伴ってエクステリアのデザインはそれを引き継いだ形となっています。スポーティーかつスタイリッシュで質感も高いモデルとなりました。特に内装には本革シートを採用したグレードも新たに追加され、カムリの印象が大きく変わったモデルです。このモデルからボディーサイズはさらに大型化し、全幅はセルシオ並みとなりました。

ASV50・GSV50・AVV50型 2011年~2017年発売

9代目カムリ。

地味なイメージのカムリを打破することを目的にデビューしたモデル。パワートレインはハイブリッドのみとなっています。海外では相変わらず販売は好調でしたが、日本国内ではこのモデルでもあまり受け入れられませんでした。

室内の広さや高級感は申し分ないクオリティーですが、ボディーサイズやデザインが日本人にはいまいち受けませんでした。このモデルからは新たに兄弟車としてSAIも販売されましたが、こちらも人気はあまりありませんでした。

AXVA70・ASV70・GSV70・AXVH70型 2017年~発売

10代目カムリ。

このモデルでカムリは今までにほど大きく進化しました。TNGAの採用によってより低重心となり、それに合わせてエクステリアも一新されました。大人しい地味な「おじさんスタイル」のカムリがアグレッシブでスポーティーな車へと生まれ変わりました。

クラウンのフルモデルチェンジよりも一足先にデビューし、販売も絶好調でした。日本国内では初めて成功したカムリです。また、時代のニーズに合わせて燃費とパワーを向上させ、トヨタの自動安全ブレーキであるトヨタセーフティーセンスが全車標準装備となっています。

トヨタの新型カムリ・安全装備やその他機能

カムリは最新のトヨタセーフティーセンスが全グレード標準装備となっています。

安全機能
  • プリクラッシュセーフティ対人:時速10キロ~80キロで作動(最大30キロ減速)
  • プリクラッシュセーフティ対車:時速10キロ~180キロで作動(最大40キロ減速)
  • インテリジェントクリアランスソナー:アクセルの踏み間違いを防止(自動ブレーキ)
  • リアクロストラフィックオートブレーキ:駐車スペースからバックで出るとき、左右から接近してくる車を検知(自動ブレーキ)
  • レーダークルーズコントロール:時速よりも車間距離を優先し、設定速度は0キロ~可能
  • ブラインドスポットモニター:車線変更時、死角にいる車を検知しドアミラーにあるLEDが点滅
  • オートマチックハイビーム:先行車と対向車をカメラで確認するとロー、いなければハイへ自動切換え
便利機能
  • 電動パーキングブレーキ:サイドブレーキの操作がスイッチで簡単にできる
  • ブレーキホールド:停車時、ブレーキから足を離してもアクセルを踏むまで維持してくれる
  • タイヤ空気圧警報システム:ディスプレイでタイヤ4輪の空気圧の確認ができる

トヨタの新型カムリ・グレード体型と価格

2500㏄+ハイブリッド FF
X 3,298,320円

G 3,531,600円

G レザーパッケージ 4,228,200円

WS 3,672,000円

WS レザーパッケージ 4,341,600円

よく売れるグレードはGとWS。WSのみの設定となっているツートンカラーはかなりかっこいいのでオススメです!

トヨタの新型カムリ・パワートレイン/ボディーサイズ/燃費

パワートレイン
前輪駆動のFF・2500㏄+ハイブリッドのみ。

カタログ燃費28.4km/L  実質燃費18km/L前後

カムリはハイブリッドのみの設定となっている為、季節や運転の仕方でかなり燃費に差が出ます。ハイブリッド車の運転のコツを紹介した記事があるので参考にして下さい。

ハイブリッドカーの燃費を良くする走り方

ボディーサイズ
全長 4910mm

全高 1445mm

全幅 1840mm

最小回転半径 5.7m

グローバルな車だけあって日本車のセダンの中でもトップクラスに大きいボディーサイズとなっています。特に全幅に至ってはかなり大型で、都会の駐車場やスーパーの狭い駐車場では不便になることもあります。

さらに、前輪駆動は室内が広いというメリットがありますが、小回りが苦手なデメリットもあります。ちなみに運転していて楽しく気持ちがいいフィーリングを味わえるのはカムリよりも後輪駆動のクラウンです。

営業マンから見たトヨタの新型カムリ

トヨタのセダンではマークX、カムリ、クラウンで比較検討する場合がほとんどだと思いますが慎重に考えてから購入しましょう。

マークXはマークⅡの後継車であり、日本に合ったミドルクラスセダン。

カムリは歴史もあり、試行錯誤して開発されてきた熟成された車ですが、基本的には海外がメインのグローバルなセダン。

クラウンは日本人の為に開発され、歴史も1番長いトヨタを代表するトップオブトヨタのセダン。

価格はどれがお得ということはなく、やはり価格とそれ相応となっているため予算と相談しながら検討しましょう。スポーティーでリーズナブルなマークXなのか?比較的リーズナブルな室内空間の広いミドルサイズセダンのカムリなのか?日本人の為に開発され、走りも楽しく高級感漂うトップオブトヨタのクラウンなのか?実際に展示車を見たり試乗をすればそれぞれの車の雰囲気や特徴がよく分かるので、購入する前に必ずディーラーまで足を運ぼう。

クラウンの値引き額と安く買う方法

筆者のおすすめ

もし、筆者がカムリを購入するとすれば以下のグレードを選択します。

tokyo-toyopet.co.jpから引用

WS レザーパッケージ かつ ブラック×プラチナホワイトパールマイカ

ぼくならカムリはリセールバリューがかなり悪いため、価格としては高くなってしまいますが1番かっこいいこのグレードを選択し、乗り潰すと思います。

下取りを高く売る方法

一括査定のように鬼のように鳴る電話が面倒くさい人にはこちらのサイトがオススメです。オークション業者によるオンライン査定が特徴です。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。