【トヨタのノア・ハイブリッドとガソリンの燃費】価格やサイズ・おすすめグレードは「Si」

ノア フロント

ノアはトヨタの代表するミニバンのひとつ。兄弟車にはヴォクシー、エスクァイアがあります。街中でもよく見かけるクルマで、認知度は3兄弟の中でも1番あるかもしれません。

販売台数はちょっと落ち着いてきてはいますが、それでもまだまだ人気のある車種です。大きさは5ナンバーサイズギリギリとなっていて運転が苦手な人でもミニバンの中では比較的運転しやすい車となります。

まずは歴史からざっくりと紹介していきます。

トヨタ・ノアの歴史

AZR60G型 2001年~2007年発売

初代ノア。

これまで発売されてきた、タウンエースノアの後継車としてデビュー。

後輪駆動だったタウンエースノアに対して、このモデルからはプラットフォームを一新して前輪駆動に変わりました。これによって低床化に成功。それまでの片側スライドドアから両側スライドドアに進化したのが大きな変更点となります。特別仕様もいくつか出ていて、徐々にですが人気車種となりました。

ZRR70G 2007年~2014年発売

2代目ノア。先代に引き続き大好評。

先代と同じく、5ナンバーサイズをキープしたままフルモデルチェンジ。スポーツパッケージとなるSiとSはエアロパーツが標準装備になっていることから、5ナンバーサイズを若干オーバーした為3ナンバーサイズとなっています。

このモデルでは、パドルシフト、3列目シートの格納をワンタッチ式化、スマートキーやディスチャージヘッドライトの採用などの変更がされました。また、エンジンとミッション(CVTへ変更)も変わり、加速性能や燃費が向上しました。

ZRR80G・ZWR80G 2014年~発売

3代目ノア。

ノアのリア

ヴォクシーと共通のデザインコンセプト。フロントマスクは大型のグリルにより大迫力の顔となっています。また、LEDヘッドライトとテールランプよって高級感と先進性も同時に表現しています。

このモデルでは先代よりもさらに低重心となっていて、同時にフルフラットの床とさらに高くなった室内高により、クラストップレベルの室内の広さを可能にしました!

また、不評だった3列目シートの格納をさらに追及して、邪魔にならないよう工夫がされてたり格納する手間が少なくなりました。格納した後の跳ね上げたシートは窓に少し入り込むように工夫されて圧迫感を無くしています。トヨタセーフティーセンスやハイブリッドの導入など、一気に進化したモデルとなりました。

トヨタ・ノアの価格とグレード


2000㏄ ガソリン 2WD

  1. Si 7人 ¥2,775,600
  2. Si 8人 ¥2,745,360
  3. G 7人 ¥2,786,400
  4. G 8人 ¥2,756,160
  5. X 7人 ¥2,496,960
  6. X 8人 ¥2,466,720

実燃費 11km/L前後

排気量は2000㏄あるので十分走りますが、エアコンを付けて高速を走るとちょっと非力に感じてしまう人もいるかもしれません。ハイブリッドも試乗してみることをオススメします。

2000㏄ ガソリン 4WD

  1. Si 7人 ¥2,970,000
  2. Si 8人 ¥2,939,760
  3. G 7人 ¥2,991,600
  4. G 8人 ¥2,961,360
  5. X 7人 ¥2,702,160
  6. X 7人 ¥2,671,920

実燃費 10km/L前後

雪の降る地域やスキーやスノーボードが趣味のユーザー向け。また、雨の日などの濡れている路面でのコーナーリングの安定(安全)性が高くなる。

1800㏄ ハイブリッド 7人 2WD

  • Si ¥3,269,160
  • G ¥3,142,800
  • G ¥3,014,280

実燃費 15~18km/L前後

1番よく売れているパワートレイン。燃費がよく走りもいい。ガソリン車と比較して車両価格の差が燃料代で埋まるようならこちらにした方がいい。1番売れているグレードは、ハイブリッドのSi。次にガソリン2WDのSiとなっています。スポーツグレードのSiは、高いリセールも見込めるためオススメです。

ハイブリッドかガソリンかどちらを選択したらいいか?それは自分が走るであろう「年間走行距離」で決めたらいいでしょう。

年間走行距離÷燃費×燃料代(1リッターあたり)=年間使用料

これに自分が何年乗るかで、ハイブリッドとガソリンの車両本体価格の差が埋まるかどうかが分かります。ハイブリッドとガソリン車の維持費はガソリン代以外変わらないので、上記のみで判断して問題ありません。

トヨタのノア・グレード別の特徴

エントリーモデルのX

  • 15インチアルミホイール(ガソリンはホイールキャップ)
  • フロントフォグランプレス
  • カラードフロントグリル
  • スマートキー(ガソリンはキーレス)
  • ステアリング・シフトノブ(ウレタン)
  • オプティロンメーター
  • マルチインフォメーションディスプレイ(モノクロ)ガソリンのみ
  • インテリジェントクリアランスソナー(有料オプション)
  • リアクーラー(暖房なし)
  • UVカットガラス(フロントドア・スライドドア・リヤクォーター)
  • ファブリックシート
  • 4スピーカー

ノア X

s.kakaku.com

基本的にこのグレードを購入する個人ユーザーはほとんどいません。法人がメインで購入していますので、個人が普段使いで満足できるか?と言うと疑問が残ります。(他のグレードを見なければイケるかも)リセールバリューは良くありませんので必ず乗り潰しましょう!

ミディアムグレードのG(X⇨G変更点)

  • 15インチアルミホイール(ガソリン・HV共通)
  • LEDフロントフォグランプ
  • カラードフロントグリル
  • スーパーUVカットガラス(フロントドア・スライドドア・リヤクォーター)
  • オプティロンメーター(ハイグレード)
  • マルチインフォメーションディスプレイ(ガソリン・HV共通)
  • バックドアイージークローザー
  • ファブリックシート(ハイグレード)
  • シートヒーター
  • 革巻きステアリング・シフトノブ
  • インテリジェントクリアランスソナー(標準装備)
  • 6スピーカー

ノア G

iketel.xyz

外装は落ち着いたデザインのまま、装備や機能を充実させたグレード。どちらかと言うと落ち着いた年代が購入するケースが多いです。リセールバリューはXよりも少し高いくらいなので、こちらも乗り潰すことをオススメします!

ハイグレードのSi(G⇨Si変更点)

  • 16インチアルミホイール(HVは鍛造のBBS製)
  • スモークメッキフロントグリル
  • LEDヘッドライト(ブラックエクステンション)
  • LEDフロントフォグランプ
  • フロント・サイド・リアバンパー(エアロ)
  • リアスポイラー
  • 独立型センターコンソール(HV)
  • 4スピーカー

ノア Si

autoc-one.jp

ノア Si リア

outoc-one.jp

3グレードの中で1番売れているのがこのSi。主に外装パーツをスポーティーに変更して「かっこよく」仕上げられています。リセールバリューは他のグレードに比べて断トツで高いです。定期代替えするタイプの人は必ずこのグレードにしましょう!

トヨタのノア・GRシリーズ

2000㏄ ガソリン 2WD

Si GR SPORT ¥3,257,280

トヨタが手掛けるスポーツカスタム。

ノアGR

エクルテリア

専用フロントグリル、フードモール、バンパー、リアバンパー、ヘッドライト、テールレンズ、フロントLEDデイライト、18インチアルミなど、、、

インテリア

専用ステアリング、シフトノブ、セミバケシート、メーター、ペダル、インパネ等がGR仕様にカスタムされている。

ノアGR室内

パフォーマンス

サスペンション、ブレーキキャリパー、ブレーキパッド、床下スパッツなど、、、

このGRシリーズはノアをスポーツカーのようにカスタムしたものになります。ミニバンをスポーツカーに改造してもどうなの?って思うかもしれませんけど、このカスタムによって間違いなく走りやすくなります。剛性アップやしっかりとした足回りなどの効果はコーナーリングで特に発揮されます。

ミニバンは運転が楽しくないと思われる方がほとんどだと思いますが、GRノアであればそんな不満も解消してくれます。また、単純に内外装がドレスアップされてカッコイイですよ。

トヨタのノア・自動安全ブレーキやその他機能

トヨタセーフティーセンス

  • プリクラッシュセーフティ対車と対人
  • インテリジェントクリアランスソナー:アクセルの踏み間違い時に作動する自動ブレーキ
  • レーンディパーチャーアラート(警報のみ)
  • オートマチックハイビーム(対向車、先行車をカメラで認識)
  • 先行車発進告知機能

プリクラッシュセーフティシステムについては、時速何キロ~作動とか最大何キロ減速するなどの表記がないので注意して運転してください。

その他機能

  • パワースライドドア予約ロック機能
  • パワースライドドア(ワンタッチスイッチ付)

パワースライドドアの予約ロック機能は実際に使ってみるとかなり便利です。スライドドアが閉まっている最中でもスマートキーで鍵を掛けられるというもの。ちょっと前までのスライドドア車にはなかった機能です。

営業マンから見たトヨタのノア

モデルチェンジ前まではあまりパッとしなかったノアですが、今ではかなりかっこよくなりました。「スポーティーな外見がいいけどヴォクシーだとちょっと若者のイメージが強い」と感じているユーザーにピッタリの1台です。

ガソリン車かHVかはちゃんと計算してから選んで下さい。HVを買っても距離をあまり走らなかったらトータルコストは高くなっちゃいますよ。ちなみにリセールバリューはガソリン・HVでそんなに変わりはないです。ただしガソリンの4WDは一気に下がるのであまりおすすめできません。

内外装の雰囲気はそれぞれで異なりますのでノア・ヴォクシー・エスクァイアの3車種をチェックしてから購入しましょう。また、リセールバリューは

ヴォクシー>エスクァイア>ノア

となってはいますが、どれも他のメーカーに比べれば優秀です。次に売る時はだれもが高く売りたいはずです。リセールバリューを考えるのであればなるべくメーカーはトヨタにしましょう。

次に買い替えるとき、高値で売却できればワンランク上のアルファードやヴェルファイアにステップアップしやすくなりますよ~。

筆者のおすすめノアのグレード

2000㏄ ガソリン Si(HVも可)

MOP

  • ホワイトパール
  • ツインムーンルーフ
  • 両側パワースライドドア
  • リアオートエアコン

他の2車種も紹介しているので是非参考にして下さい。

トヨタ・ノアの維持費を抑える方法

ノアを買う時だけいろいろ調べて、買った後はもう満足ですか?値引きと下取りをがんばったらそれでおしまいですか?いいえ。まだやることが残っています!

それは、固定支出を減らすこと!

車の維持費はほとんど毎月決まっていて、ある程度、固定の支出となっています。これを削減できれば、車に掛かる年間トータルコストを大きく減らせます。

車の維持費では主に

  1. 自動車任意保険
  2. 自動車税
  3. ガソリン代
  4. 車検代
  5. 月極駐車場代

の5つがあります。この中で1番簡単に費用を抑えられて、その効果が大きいものが。

①の自動車任意保険です!

やることはとっても簡単。

①下にある自動車保険一括見積りをクリック⤵

②車検証を元に見積もり(すぐ終わります)⤵

③今入っている自動車保険を解約(代理店もしくはカスタマーセンター)⤵

④一括見積りの中で1番安い保険会社へ切り替える

たったこれだけ。今入っている自動車保険が「高いな~」と思っている人は必ずやってみましょう!年間保険料が半額になることもありますよ!

まずは見積もりだけでもしてみましょう!そしてネット保険の威力をあなた自信で味わってみて下さい。きっと、金額を見たら「え?こんなに安いの?」と声に出して言うはずです。

ディーラー勤務のぼくでさえ、自動車保険はこのインターネット保険を利用しています。本当はダメなんですけど、保険料の差がありすぎて、、、w

下取りはなるべく高く売ろう!

下取りをディーラーへ入れる。これ普通です。本当にそれでいいのでしょうか?だれでもなるべく高く売りたいと思っているはず。ディーラーの下取り価格が高いかどうか、あなた一人で判断できますか?おそらく、ほとんどの人は無理だと思います。

確実に言えることは、「ディーラーだけじゃ絶対損する!」営業マンのぼくが言うので間違いないですよ!

実際に買取店に足を運んだり、サイトを利用したり、素人のあなたでも出来ることはあります!当サイトがおすすめするサイトを2社紹介しておきます。利用してね!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。