トヨタの2000GTはスーパーカーより高い!その他スポーツカーの旧車も紹介

トヨタの歴史を見てみると名車と呼ばれたスポーツカーが数多く存在し、中にはとんでもない価格で取引されているものも存在しています。

今回は過去に存在したトヨタのスポーツカーの中でも名車に的を絞って紹介していきたいと思います。

【2000GT】トヨタの名車 価格など

トヨタのスポーツカーを語るうえで欠かせない車と言えば【2000GT】です。

この車は1967年にデビューし、トヨタとヤマハ発動機の共同開発で作られました。

1960年代、ホンダが4輪事業進出でSシリーズを発売し、日産自動車がフェアレディを発売するなどスポーツカーを出し始める中、当時の自動車メーカーの中でもトヨタは出遅れていました。

その後、1965年にトヨタはパブリカスポーツ800を発売しましたが、このモデルは800㏄の小型スポーツカーのため、クラウンなどを大型車を生産しているトヨタのイメージリーダーしては役不足ということで、これとは別に本格的なスポーツカーの開発が開始されました。

当時のトヨタはDOHCエンジンを持っていなかった為、クラウン用の直列6気筒エンジンにヤマハが開発したDOHCヘッドを装着したエンジンを2000GTに搭載し、最高出力は150馬力となっていました。

室内も当時としては豪華なもので、ヤマハのグランドピアノに採用していた木を使った本木目パネルを随所に使用していました。

当時の新車価格は238万円となっていましたが、これはクラウンが2台、大衆車のカローラが6台買える程であり、1967年の物価を現在の基準で考えると1500万円~2000万円位の価値となります。

当時としてはかなりの高額車であることがお分かりになると思います。

しかし、この価格で販売しても生産にコストが掛かりすぎていた為、売れれば売れただけ赤字になっていたと言われています。現在の自動車産業では絶対にあり得ない事ですね。

1969年にはマイナーチェンジが実施され、フロントのデザイン小変更や内装のデザインの変更、ATモデルの追加などが行われましたが、1年後の1970年には生産が中止されました。

2000GTの販売台数は337台、そのうち日本国内向けは222台と少ない台数で幕を下ろしましたが、この車は映画「007は2度死ぬ」の劇中車としてオープンモデルに改造した仕様が使われていたという事情もあり、当時としてもかなり話題性のあった車であったと言えるでしょう。

2000GTはこれらの事から生産台数がかなり少ないため、手に入れようとするのは至難の業と言えますし、もし出回った場合の価格も5000万円とマニアの中ではかなりの高額で取り引きされています。

また、オークションでは1億円で取引された例もあるようなので、手に入れるにはかなりの労力と家を一軒買う以上の莫大なお金が必要になってくることを頭に入れておきましょう。

カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86型)

1983年、5代目にフルモデルチェンジされたカローラ/スプリンターは時代の流れから駆動方式がFFに変更されました。

しかし、スポーツモデルのレビン/トレノは先代モデル同様のFRを踏襲し走る楽しみを追求したモデルとなっていました。

このモデルは型式名称の「AE86」から「ハチロク」という名称として親しまれましたが、AE86はDOHCエンジンが搭載されているグレードを指し、このモデルの最上級グレード「3ドア/2ドアGT-APEX」と、装備を簡素化した「3ドアGTV」「2ドアGT」のみでした。

「GT-APEX」にはレビン初の装備となるパワーステアリング、パワーウインドウ、デジタルメーターが装備されるなどかなり豪華な装備となっていました。

さらに、160万円を切るリーズナブルな価格設定に加え、1トンを大きく切る重量に130馬力を発生するDOHCエンジン、楽しい走りを実現出来るFRという駆動方式で当時から高い人気を誇っていました。

また、生産終了からしばらく経った頃「イニシャルD」という漫画にAE86(スプリンタートレノ3ドアGT-APEX)が採用されたのがきっかけとなり、更なる人気を獲得した車で有名です。

当時は新車であっても比較的安く購入することができたAE86ですが、今現在ではプレミアが付いている中古車もあるなど価格が高騰してきています。

現在の中古車相場は平均200万円を越えている状態となっており、状態によっては300万円を越えている中古も存在しています。

300万円を越えている車両の特徴として、何も手をいれていないフルノーマル仕様であること、走行距離が少ない事が条件となっているようで、出回っているグレードのほとんどがGT-APEX、GTVの2グレードとなっています。

また、レストアや本格的な整備を行い新車同様のコンディションに戻した車両も高額で取り引きされています。

逆にマフラーやホイールなどが社外品に交換されている中古は比較的多く出回っていて価格は100万円台となっていますが、サーキットや峠を走り込んだ状態が悪い物や走行距離が多い車両が混在しているようです。

これらのように、改造されているモデルは走行会等で使われた車両も多い関係で、ボディやエンジン、足回りがヘタっていることがあります。

レストアや本格的な整備をする前提でなければ、あまり手を出さない方が良いと思われます。

初代スープラ 価格やエンジンパワー

スープラは後継車として2019年に17年ぶりに復活したGRスープラの原点となる車で、トヨタのスポーツカーとしてはフラッグシップモデルになります。

初代モデルは1986年にデビューしましたが、従来モデルに当たるセリカXXの海外輸出名をそのまま日本仕様にも付けた形になります。

当初はスペシャリティクーペとしての位置付けとして発売され、エンジンは2代目ソアラと同様の2リッター、2リッターハイメカツインカム、2リッターツインカムツインターボ、3リッターツインカムツインターボがラインアップされていました。

ソアラと言えば3000GT!旧車で買うならこれがオススメです

2019年11月26日

その後、スープラはエアロトップモデルの追加、ツインターボモデルの5速マニュアル仕様の追加等の細かなマイナーチェンジを繰り返し、1988年にデザイン変更を伴う大きなマイナーチェンジが行われました。

モデルライフ後半になった1990年には3リッターツインカムターボを廃止し、その代わりに2.5リッターツインカムツインターボが追加され、ハイパワーと迫力のあるマフラーサウンドが特徴です。

このモデルは当時の最高馬力である280馬力を発生し、スカイラインGT-RやフェアレディZに馬力は並びましたが、2.5リッターで280馬力というのは当時としては【最小排気量で達成した】ことで話題になりました。

この初代スープラは1993年のフルモデルチェンジまで実に7年間という、当時としてはロングライフとなった車でした。

にも関わらず、中古市場では意外にもそれほど多く出回っておらず、相場は50万円~程度の良い車両で300万円で取り引きされています。

価格帯的に手が出しやすい前期型は、走行距離の少ない程度の良い車両で200万円、その他は基本的に100万円を切る中古が多くなっています。

スープラの前期型は同じエンジンを使っているソアラと違って、中古車市場では2.0リッターモデルが多く出回っていて、3.0リッターモデルが希少な存在となっています。

ちなみに1988年に限定500台で発売された3.0GTターボAは社外マフラーなどが入っているなどしてしまうと値段が大幅に下がりますが、フルノーマルの場合はASK(アスク。応相談)という場合もあります。つまりは高額な価値が付いているという事です。

 

後期型の2.5リッターツインターボモデルは初代スープラの中でも1番スポーティーな仕様のためか、一番の人気となっています。

中でも走行距離が少ないものやフルノーマルの個体は300万円を軽く超えてしまう価格で取り引きされている車両もあります。

この2.5リッターモデルをベースにして、走行会仕様にする人も意外と多かったようなので、もしスープラを中古で買いたいという方はしっかりと状態を確認してから確認しましょう。

走行会などに出ていたものは車がかなりへたっていることが多いため、購入後にオーバーホールなどを行わいといけない場合も出てくる可能性があります。

安いからと言ってすぐに手を出してしまうと、結局大金を注ぎ込まないといけない結果になるかもしれません。

トヨタ86のTRDチューニングカーが話題に?カスタムの方向性を決めよう

2019年11月21日

どのセリカがお好み?シリーズ別に初代セリカから見てみよう!

2019年12月2日

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。