【トヨタのかわいいポルテ】ボディーサイズ/燃費/価格/ボディーカラー/内外装/特徴まとめ

名前の由来 フランス語で「扉・ドア」の意味を持ち、ポルテの最大の特徴となっている大開口のスライドドアをイメージして名付けられました。 ポルテは今や名の知れたクルマに成長し、兄弟車のスペイドと同じく大変人気のある車となりました。ポルテとスペイドは特に子育て世代の奥様に人気があります。室内が高く、コンパクトなボディーにも関わらずゆったりとした室内空間が最大の人気の理由となっています。 こんなにもいい車なのに、ポルテとスペイドは残念ながらあと1~2年で廃盤となることが決まっています。 まずはポルテの歴史をざっくりと紹介していきます。

トヨタ・かわいいポルテの歴史

NNP10型 2004年~2012年発売

初代ポルテ。当時のトヨタでは珍しく8年も続いたロングモデル。 今は亡きアイシスとラウム、復活したシエンタと共にコンパクトタイプのスライドドアを流行らせたモデルです。 丸みを帯びた優しいエクステリアと、可愛らしいインテリアが特徴。コンパクトボディに大開口の助手席側スライドドアを設け、開きのドアは運転席のみとなっています。乗り降りするドアは2ドアしかありませんでしたが、それでも使いやすいと評判がありました。 クラストップレベルの低床フロアと室内高によって乗車性の良さは抜群でした。そのため子育てや介護に特に活躍し、子育て世代の奥様や福祉施設に大人気でした。フラットな床になっていて1列目と2列目のクリアランスは広く、さらには買い物フックや収納、シートアレンジと様々なシーンに合わせて使うことができるようになっています。助手席を前に倒すとテーブルになり、さらに2列目を倒すことで長い物も積み込むことが可能です。また、2列目の座面を上げることによって更に広い空間を作ることができます。子供の自転車くらいならスライドドアからダイレクトに積むこともできます。

NSP140型 2012年~発売

2代目ポルテ。そして最終モデル。 今やコンパクトサイズのスライドドアはルーミーやタンクが主役となっていて、同時にポルテの販売は落ち着いてしまっています。そのためトヨタはこのモデルで終止符を打つことを決めました。 エクステリアは前モデルをしっかりと継承しつつ今風のデザインへと進化しました。インテリアは全体的に「丸み」をイメージしています。エアコンの吹き出し口、シフトパネル、ステアリング、メーター、インパネ、天井の一部が丸型にデザインされています。 このモデルでの大幅な変更点はエンジン、運転席側のリアドアの追加、安全装備となっています。前モデルのエンジンは、ボディーサイズがコンパクトにも関わらず燃費が悪いと不評だった(実燃費は9前後)ため、低燃費のエンジンとCVTへと変更し大きく改善しました。運転席側リアドアはやはりあった方が便利という声が多かったため、ユーザーの意見を参考に採用されました。安全装備に関しては時代のニーズに応えるため、自動安全ブレーキを新たに設定しました。 このモデルを開発するにあたって、より使い勝手が良くなるための装備や機能を把握する為に、トヨタ自動車がポルテのユーザーとディーラーにアンケートを実施しました。そしてそのアンケートを元に装備や機能を実際に取り入れられました。リアドアの追加や燃費改善に加え、乗り心地と視界の改善、室内の収納、傘立て、子供の身長を測ることができるピラーなどがアンケートを元に追加された部分です。

トヨタのポルテ・グレードや価格

1500㏄ 2WD
  • X ¥1,828,440
  • F ¥1,879,200
  • Y ¥1,890,000
  • G ¥1,977,480
1500㏄ 4WD
  • X ¥1,988,280
  • F ¥2,030,400
  • Y ¥2,041,200
  • G ¥2,128,680
この中で1番売れているグレードは2WDの【F】次に【G】となります。Fグレードと車両本体価格がほとんど変わらない【Y】がなぜ売れないのか?それは、後部座席に座ると分かりますが、前の座席の背もたれがベンチシートになっているため相当な圧迫感を感じてしまうのが理由です。また、ポルテの最大のセールスポイントになっている室内のウォークスルーができない点も【Y】が売れない大きな理由となっています。 筆者のオススメもやはり【F】もしくは【G】グレードです。

トヨタのポルテ・内外装の特徴

エクステリアはひと目見て「かわいい」思うデザインになっています。丸みを帯びたバンパーやフロントグリル・ヘッドライトやテールレンズが特徴で、短いボディーに高い全高が程よい【アンバランス感】を生み出していて「かわいい印象」を受けます。 ポルテ 赤 ポルテ ホワイト インテリアは「丸み」のあるパーツを多数採用することによって「優しく・かわいい」イメージを与えてくれます。上記の歴史でも触れましたが、【メーター・シフトパネル・エアコンパネル・エアコンの吹き出し口・天井】など、さまざまな箇所が丸みを帯びたパーツで組み立てられています。 ポルテ 内装 ポルテ 天井 これらのデザインから、ポルテのターゲットは「女性」や「子育て世代のファミリー」、さらには「高齢者」となっていますので「男性には不向き」になってしまいます。

トヨタ・ポルテのボディーカラー

ボディーカラー全9色
  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. シルバーメタリック
  3. ブラックマイカ
  4. スーパーレッドⅤ
  5. チェリーパールクリスタルシャイン
  6. ダークブラウンマイカメタリック
  7. クリームベージュ
  8. アクアブルーメタリック
  9. ブルーメタリック
ポルテ チェリーパープル ポルテ ダークブラウン ポルテ クリームベージュ ポルテ アクアブルー ポルテ ブルー せっかくの可愛らしいポルテなので、ボディーカラーも可愛らしいカラーを選択してほしいですね。実際にポルテを購入するユーザーはホワイト・シルバー・ブラックの3色よりも違うカラーを選択するケースもかなり多いです。リセールバリューは関係ないので、本当に気に入ったカラーを購入してください。

トヨタのポルテ・安全装備と便利機能

安全機能
  • プリクラッシュセーフティ対車:時速10キロ~80キロで作動
  • プリクラッシュセーフティ対人:設定なし
  • オートマチックハイビーム:カメラで対向車・先行車を検知しハイビームとロービームを自動で切り替える
  • レーンディパーチャーアラート:時速50キロ以上で作動し車線をはみ出すと警告音が鳴る
  • 先行車発進告知機能:信号待ちで先行車が発進したことに気づかなくても警告音で知らせてくれる
ポルテの衝突安全システムにはアクセルの踏み間違いと自動ブレーキの対人システムがありません。今後追加されるか、もしくは追加される前にポルテ自体が廃盤になる可能性もあります。
便利機能
  • シートバックポケットにティッシュ箱がそのまま収納可能
  • オート電動格納ミラーが標準装備
  • 傘立て
  • 助手席シートバック買い物フック
  • 助手席グローブボックスにティッシュ箱がそのまま収納可能
特に子育て世代のファミリー向けに用意されている装備です。ティッシュ箱をそのまま収納する機能や傘立ては、他のどのメーカーや車種にも設定がありません。ポルテとスペイド特有の機能となっています。

トヨタのポルテ・パワートレインとボディーサイズと燃費

ポルテのパワートレインは1500㏄のみとなっています。
実質燃費
  • 2WD 15km/L前後
  • 4WD 11km/L前後
実燃費はこれより大幅に良いケースもあれば、悪いケースもあります。時速90kmでの高速走行などでは25km/L以上伸びることもありますし、短距離の信号が多い道路では8km/Lを下回ることもあります。エンジン自体の燃費は良いのですが、ボディーが重いためこのような現象が起きてしまいます。簡単に言ってしまえば、「ポルテは一度スピードに乗ってしまえば燃費はかなり伸びる」ということです。 ミッションはCVTで、かつ重いスライドドのせいで走りははっきり言って悪いです。ポルテやスペイドはゆったり走る分には問題ないですが、キビキビ走るクルマではありません。
ボディーサイズ
  • 全長 3995mm
  • 全高 1690mm (4WDは1720mm)
  • 全幅 1695mm
全高が高いのが最大の特徴です。これによって高い室内高を実現しています。 最小回転半径 2WD・4WDともに5m。 ポルテは前輪駆動のため2WDも4WDも小回りは変わりません。

営業マンから見たトヨタのポルテ

コンパクトサイズのスライドドの中でも、ポルテは助手席側の乗車性がズバ抜けて高いです。また、室内が広々としている為ベビーカーや買い物袋をそのままスライドドアから乗せることができる点が魅力的となります。ただし、助手席側はスライドドしかないため、左後部座席への乗車性は正直言って悪いです。普段4人で乗ることが多い場合は4ドアのクルマで検討したほうがいいかもしれませんね。 また、筆者のオススメグレードは【F】か【G】とお伝えしましたが、装備や予算に合った好きなグレードを買っても特に問題ありません。なぜなら、ポルテとスペイドのリセールバリューはお世辞にも良いとは言えないので、売る時のこと(リセールバリュー)は考える必要がありません。これはグレードの話だけではなくボディーカラーや内装色も同じです。 ポルテやスペイドを購入するなら乗り潰してしまいましょう!購入する前に他の記事も参考にして下さい。

トヨタ・ポルテの維持費を抑える方法

ポルテを買う時だけいろいろ調べて、買った後はもう満足ですか?値引きと下取りをがんばったらそれでおしまいですか?いいえ。まだやることが残っています! それは、固定支出を減らすこと! 車の維持費はほとんど毎月決まっていて、ある程度、固定の支出となっています。これを削減できれば、車に掛かる年間トータルコストを大きく減らせます。 車の維持費では主に
  1. 自動車任意保険
  2. 自動車税
  3. ガソリン代
  4. 車検代
  5. 月極駐車場代
の5つがあります。この中で1番簡単に費用を抑えられて、その効果が大きいものが。 ①の自動車任意保険です!やることはとっても簡単。 ①下にある自動車保険一括見積りをクリック⤵ ②車検証を元に見積もり(すぐ終わります)⤵ ③今入っている自動車保険を解約(代理店もしくはカスタマーセンター)⤵ ④一括見積りの中で1番安い保険会社へ切り替える たったこれだけ。今入っている自動車保険が「高いな~」と思っている人は必ずやってみましょう!年間保険料が半額になることもありますよ! まずは見積もりだけでもしてみましょう!そしてネット保険の威力をあなた自信で味わってみて下さい。きっと、金額を見たら「え?こんなに安いの?」と声に出して言うはずです。 ディーラー勤務のぼくでさえ、自動車保険はこのインターネット保険を利用しています。

下取りはディーラーに入れてはダメ!

下取りをディーラーへ入れる。これ普通です。本当にそれでいいのでしょうか?だれでもなるべく高く売りたいと思っているはず。ディーラーの下取り価格が高いかどうか、あなた一人で判断できますか?おそらく、ほとんどの人は無理だと思います。

確実に言えることは、「ディーラーだけじゃ絶対損する!」営業マンのぼくが言うので間違いないですよ!

実際に買取店に足を運んだり、サイトを利用したり、素人のあなたでも出来ることはあります!当サイトがおすすめするサイトを2社紹介しておきます。利用してね!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。