トヨタの新車ランドクルーザープラドの値引き額と安く買う方法

世界的にも有名な本格オフロード車、ランドクルーザープラド。

ランドクルーザー200の弟分として人気があります。

 

日本車の中でも特にこのジャンルは種類が少なく、選択肢は少ないですよね。

輸入車を含めると数は多くなりますが、価格や故障などを考えても、なんとか手が届く数少ない車となります。

 

世の中の流れはエコカー。その中でもなぜこの車は売れるのでしょうか。

昔は、速い!でかい!イカツイ!車が男の憧れでした。

嬉しいことに、まだこの考えを持ったすばらしい若者も数多く存在します。

いつかはクラウンならぬ、いつかはプラド。いつかはランクル。です。

 

 

プラドはリセールバリューがトップクラスに高いので、初めて買うときの初期コストは高額ですが、次に乗り換えるときからは金銭的に楽なサイクルが巡ってきます。

例えば売れ筋グレードを370万円で買って、5年後に320万円で売れる。このような現象は本当にあります。

下手したらプリウスよりトータルコストは低くなったりします。

 

プラドに関してはお伝えしたいことが山ほどありますが、この記事では利益と値引きに絞って公開していきます。

では、まずは利益からお伝えしていきます。

 

トヨタの新車プラドの利益は?

 

まず、売れ筋グレードとオプションから決めていきます。

 

グレード ガソリン TX7人乗り

 

メーカーオプション

  • ホワイトパール
  • ルーフレール
  • ムーンルーフ
  • クリアランスソナー
  • 寒冷地仕様

 

ディーラーオプション

  • フロアマット
  • サイドバイザー
  • ナンバーフレーム前後
  • ナビ(中グレード)
  • バックガイドモニター
  • ETC
  • ボディーコーティング

 

以上が売れ筋グレードとオプションです。

また、リセールバリューを意識した仕様は

  1. ガソリンエンジン【必須】
  2. 外装色はホワイトパールもしくはブラック【必須】
  3. 内装色はベージュ
  4. 7人乗り【必須】
  5. ルーフレール【必須】
  6. ムーンルーフ【必須】
  7. 寒冷地仕様
  8. モデリスタのエアロパッケージ

となります。これだけでもリセールは50万円以上変わってしまいます!最低でも 1、2、5 は装着しましょう。

 

kakakumag.com

 

さらに予算があれば本革シート仕様のTX-Lにすることをオススメいたします。

最上級グレードのTZ-Gは逆にリセールが悪くなってしまいますので要注意。

また、ディーゼルエンジンは定期的に訪れる高騰のチャンスが狙えないのであまりオススメしません。

そして例え10年10万キロのったとしても、100万円以上で売れます。

 

では、上記の売れ筋グレードとオプションで利益は

 

ズバリ、88万円となります。

 

また、ナビやコーティングを社外でユーザー自身が用意する場合の利益は

 

ズバリ、76万円となります。

 

いかがでしょうか?

他の車と比べて利益はかなりあります。

車の大きさ=利益  が分かります。

次は、この利益だといくら値引きが可能なのかを公開します。

 

トヨタの新車プラドの値引き額は?

 

利益=値引き

残念ながらプラドの場合この法則は成り立りません。

なぜか?それはブランドです。

値引きをしなくても売れます。値引きをするとブランドが落ちてしまいます。

ランドクルーザーの記事にもありますが、あの車もブランドがあり値引きは渋いです。それによってブランドを守っています。

兄の200は値引きが渋いけど、弟のプラドは値引きをバンバンする。とはいきません。

 

しかし、値引きが渋いか?というとそんなことありません。次の限度額までは可能です。

上記の売れ筋グレードとオプションで可能な値引き額は

 

ズバリ、30万円です。

 

また、ナビやコーティングをユーザー自身が用意する場合だと

 

ズバリ、30万円です。

 

 

そうです。ナビ有りでも、ナビ無しでも値引き額は変わりません。

なぜなら利益は十分にあるから。

そしてこの値引き額はプラドのブランドを守るための、上限の値引き額となっています。

 

まずこの値引き額を目標にしていただいてOKですが、稀に30万~35万円できるケースもあります。

ですが、かなり厳しいので期待薄です。

また、この値引き額は純粋な値引き額であって、キャンペーンは別で考えてください。

例えば

純正ナビをつけてマイナス3万円や、コーディング定価8万円を3万円に! などです。

キャンペーンが多くあっても利益は充分残りますので、目標値引き額は変えなくてOK。

 

このキャンペーンをうまく使いこなすには、値引き交渉の前にどのようなキャンペーンがあるのかを営業マンに聞いてください。

それを把握してないと値引きとキャンペーンを営業マンにコントロールされてしまいます。

把握してるのとしていないのでは、商談のクオリティも変わってしまいます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

現行プラドはLEDヘッドライトや自動ブレーキ、追従式クルーズコントロールが標準装備になっていますのでお得感もあります。

初期コストは高めですが、海外でも人気のある世界的にも有名なプラドに乗れたとしたらどうでしょう?

このかっこいい大きな車で海や川に、BBQやキャンプに行ったときの自分を想像してみてください。

後悔はしませんよ。

また、リセールが高いおかげで、次乗り換えるときは金銭的にかなり楽になります。

購入方法は一括の他に、このリセールの高さを生かして、残価設定型ローンもオススメです。

リセールが高い→残価が高い→月々の支払がかなり抑えられます。

まずはディーラーに見積もりをもらいに行きましょう!

ランドクルーザープラドってどんなクルマ?

以下まとめ

  1. オプションに関わらず、値引きは30万円目標。
  2. キャンペーンは値引きプラスアルファでOK。
  3. 競合はいないので一社で最大限の値引きを引き出す。
  4. 買うならリセールを意識した仕様にする。【もちろん、輸出仕様にしなくても他の車に比べれば超高値で売れます】
  5. 資金的に厳しいなら、残価設定型ローンがオススメ。
  6. 一回買ってしまえば、次からの乗り換えは楽になる。

 

最後に、下取りは下取りで交渉し、事前に買取店で査定してもらうか、ネットで一括査定をしてもらってからディーラーに行くようにして下さい。
そうしないと下取りの交渉ができませんし、一番高いところで売れません。値引きと同じくらい大切なことです。個人的にもよく利用するのは一括査定です。
その日のうちに、1番高く買い取ってくれる会社と買取価格が把握できるのでかなりオススメです。
一括査定をしたからといって、別に売らなくてもいいのでご安心を。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。