【トヨタの新型シエンタは超おすすめ】なぜ売れるのか/乗り心地/サイズ/価格/内外装を紹介

トヨタのシエンタが2018年9月にマイナーチェンジされました。この記事では待望のモデルチェンジを果たして生まれ変わった「新型シエンタ」について紹介していきます。

名前の由来

スペイン語で「7」という意味の「シエテ」と英語で楽しませるという意味の「エンターテイン」を組み合わせた造語。

トヨタの新型シエンタとその歴史

monoist.atmarkit.co.jpから引用

NCP8型

2003年~2015年発売。初代シエンタ。

当時、コンパクトカーの中でもスライドドアがブームとなっていて、ポルテやスパイクモビリオとほぼ同時期の発売となりました。シエンタは他の5人乗りと比べてもそれほど変わらない価格で手に入れることができた、コンパクトカーの中でも唯一の7人乗りスライドドアだった為、とても人気がありました。

シエンタで1番の特徴となっている7人乗りの3列シートは、当時の車の中ではとても画期的な作りでした。燃料タンクを他の車種よりも薄型にして2列目と3列目の下に設置。これによって3列目のシートを2列目シートの下に収納できるダイブインを可能にしました。普段は5人乗りとして広い荷室を確保して、いざという時には3列目を出して7人乗りとして使用できるようにしました。

NSP170型・NHP170型 2018年9月にマイナーチェンジ

新型シエンタ

前モデルでは12年にもおよぶロングセラーとなりました。トヨタのモデル周期は早くて4年、長くて8年なのでかなりの期間が同じモデルで販売されていたことになります。

2015年にフルモデルチェンジされ、同時に全チャネル併売車種へと切り替わりました。このモデルから1500㏄のガソリン車・1500㏄+ハイブリッドの2タイプで販売されました。ボディーサイズは全高と全幅を若干大きくしましたが、全幅は先代のモデルと同じく5ナンバーサイズに留めました。

また、このモデルの1番の特徴となっているエクステリアは、トレッキングシューズをイメージしてデザインされ、ミニバン=四角い箱のイメージを変えました。特徴的な黒いガーニッシュもこのトレッキングシューズから連想された部分となっています。

トヨタのシエンタ・安全装備やその他機能

新型シエンタはトヨタセーフティーセンスがGグレード以上に標準設定、Xグレードにオプション設定となっています。

安全機能
  • プリクラッシュセーフティ対人:時速10km~65kmで作動(最大20km減速)
  • プリクラッシュセーフティ対車:時速10km~80kmで作動(最大30km減速)
  • インテリジェントクリアランスソナー:時速15km以下で作動
  • レーンディパーチャーアラート:時速50km以上でウインカーが作動していない状況で車線を踏んだ場合に警報が鳴る
  • オートマチックハイビーム:先行者や対向車がいる場合にロー、いない場合にハイ、へと自動で切り替わる
  • 先行車発進告知システム:信号待ちや渋滞で先行車が発進したことを知らせてくれるシステム
走行中の対人・対車に対して自動ブレーキが掛かることや、アクセルの踏み間違い機能があるおかげで安心して運転することができます。

便利機能と特徴
  • スマートエントリー:運転席、助手席、バックドアの全ドアで可能
  • パワースライドドア予約ロック機能:スライドドアが閉まりきる前に施錠できる
  • リヤシートリマインダー:スライドドアの開閉でシステムが作動し、走行後、エンジンを切ると後席に荷物があることを知らせてくれる
  • タンブル機構付きセカンドシート:セカンドシートの折り畳みをワンモーションでできる
  • 女性や高齢者にうれしい低い床下地上高、室内に豊富にあるアシストグリップや便利な買い物フック
  • 室内の床がフラット
  • 1列目から2列目にウォークスルーができる
  • コンパクトカーなのに、人も荷物もたくさん乗って運転がしやすい
便利機能にプラスして非常に使い勝手のいいシエンタ。特にコンパクトボディーを最大限有効活用できるように工夫されたシートアレンジは非常に評価が高いです。

新型シエンタ内装 新型シエンタ シートアレンジ

トヨタの新型シエンタ・パワートレインやボディーサイズと実際の燃費は?

シエンタには2種類のパワートレインがあります。

1500㏄ ガソリンエンジン
ボディーサイズ

全長 4260mm

全高 1675mm

全幅 1695mm

最小回転半径 5.2m

カタログ燃費 20.2km/L

実質燃費 15km/L前後

1500㏄+ハイブリッド
ボディーサイズ・最小回転半径

ガソリン仕様と同じ

カタログ燃費 28.8km/L

実質燃費 20km/L前後

7人乗りにも関わらず運転のしやすいボディーサイズが魅力的です。実質燃費はガソリン仕様でも非常に燃費が良く、経済的にも優しいのがシエンタの人気のポイントです。

トヨタの新型シエンタ・グレード体型と価格

1500㏄ ガソリン+ハイブリッド 2WDのみ

5人乗り
  • FUNBASE X 2,187,000円
  • FUNBASE G 2,340,360円
7人乗り
  • X 2,226,960円
  • G 2,380,320円
  • G Cuero 2,532,600円
1500㏄ガソリン 2WD
5人乗り
  • FUNBASE X 1,776,600円
  • FUNBASE G 1,980,720円
7人乗り
  • X 1,816,560円
  • G 2,020,680円
  • G Cuero 2,172,960円
1500㏄ 4WD 
6人乗り
  • X 1,958,040円
  • G 2,162,160円
  • G Cuero 2,314,440円
年間走行距離が多い人にはハイブリッドがオススメです。逆に少ない人はガソリン仕様でも燃費は十分良いのでハイブリッドにする必要はありません。実際によく売れているグレードは以下の通りです。
5人乗り⇒FUNBASE G

7人乗り⇒G

売れ筋のGグレードにLEDヘッドライトやオートエアコンをオプションで付けるのであれば、価格はあまり変わらなくなるので一つ上のグレードG ueroもオススメです。

営業マンから見た新型シエンタ

シエンタは価格の割にかなりお買い得なクルマとなっていてとてもオススメでkす。例えば、軽自動車の上級グレードや、ポルテやタンクなどの上級グレードを検討しているのであれば、シエンタの価格は射程圏内に入ります。シエンタのようにワンランク上の車格を購入できるかもしれませんので、検討段階では候補の1つに入れておくべきだと思います。

また、シエンタは輸出対象ではありませんが単純に国内での中古車需要があるため、リセールバリューは比較的高い分類に入ります。その為、新車を購入するのであれば次に売る時に高く売れるグレードや色、オプションにしておいた方がトータルコストは抑えられます。新型シエンタをお得に買う方法はこちらシエンタの値引き額と安く買う方法を参考にして下さい。

筆者のおすすめ

ハイブリッドのG Cuero

オプションに関してはほとんど標準仕様なので、特になし。

外装色だけホワイトパール、ブラック、センシュアルレッドマイカ+ブラックの3の中から選ぶと高いリセールバリューが狙えます。

下取りを高く売ることができるオススメのサイト

一括査定のように鬼のように鳴る電話が苦手な方にオススメです。オークション業者による競りのシステムをうまく活用していますので、手間なく愛車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。