【トヨタの新型ヴィッツはヤリスとして生まれ変わる】発表と発売は2019年秋

新型ヤリス

トヨタのコンパクトカーで人気のあるヴィッツがいよいよフルモデルチェンジされることになりました。

現行は3代目で、9年が経ちました。

9年経った今でも、低燃費で低価格のヴィッツは、女性や法人に人気があります。

海外で「ヤリス」として販売されていますが、次期モデルは同じく「ヤリス」と命名されるようです。

トヨタ新型ヴィッツの発売日はいつ?

発売日
  • お披露目は2019年秋のモーターショー
  • 発売日は2020年初頭

となりそうです。

日本からヴィッツの名前がなくなるのは寂しいですが、アジア圏内では残るとも言われています。

ヤリス
bestcarweb.jp

ヤリス
bestcarweb.jp

2019年のモーターショーでお披露目となるヤリス。そっくりそのままデビューするらしいので見逃せませんね。

トヨタ新型ヴィッツの価格は据え置き?

フルモデルチェンジが入ると、ここ近年、価格は間違いなく値上がりしていますよね。

ただ、ヤリスに限ってはそこまで大幅な値上げはされないと思います。

実はヴィッツの立ち位置は微妙で、現行の上級グレードやHVの価格は、アクアとあまり変わらない状況なんです。

モデルチェンジをして、アクアを超える価格になると、ユーザーはアクアを買ってしまいます。

コストをかけてフルモデルチェンジし、もし「売れない」ことになったとしたら本末転倒。

ヤリスの価格設定は、アクアよりも若干安い値段になるでしょう。

予想スターティングプライス

  • 1,500,000円~

プラットフォームやパワートレイン

予想パワートレイン

  1. 1000㏄ ガソリン
  2. 13000㏄ ガソリン
  3. 1500㏄ ガソリン
  4. 1500㏄ ハイブリッド
  5. 1500㏄ ガソリンターボ(GRシリーズ)

排気量は現行ヴィッツと同じでも、新開発ダイナミックフォースエンジンへと生まれ変わるため、パワーや燃費はアップする!!!

プラットフォーム

TNGAのプラットフォームは、車の大きさに合わせて製造可能。

ヤリスには、トヨタ初となる小型TNGA【TN-B】が採用されます。BセグメントのボディーにTNGAが採用されますので、走りはかなり気持ちよさそうですね。

TN-B

その走りは、ノーマルグレードでも現行ヴィッツのGRに匹敵するとか

ミッション

CVTもグレードアップ!現行ヴィッツのGRをさらに上回る制御システム!

営業マンから見た新型ヴィッツ

安い!燃費がいい!コンパクトで運転しやすい!

が売りだったヴィッツ。

トヨタのアクアや、マツダのデミオの売れ行きが好調すぎて、最近のヴィッツは影が薄くなってしまっています。

競合に打ち勝つためには、「価格設定」がとても重要な気がします。デミオと同じくらいでないと、モデルチェンジしてもユーザーはアクアに流れてしまいそうです。

ヴィッツの魅力は「価格が安い」ことなので、新型ヴィッツはクルマとしてもグレードアップしつつ、価格は抑えてアクアよりも安くしないと正直売れないと思います。

次期ヴィッツは走りも燃費も大きく進化するので、価格が安ければアクアに負けないくらい売れるでしょうし、営業マンとしてもおすすめできます。

アクアもフルモデルチェンジするタイミングなので、実際に比較検討した方が良さそうですね。

【トヨタのアクア フルモデルチェンジ最新情報】発売日は2019年12月

まとめ

今回のフルモデルチェンジでは、今までのヴィッツに比べて大きく進化しそう。

プラットフォーム・エンジン・ミッション・エクステリア・インテリア・自動安全ブレーキなど。すべてが生まれ変わる!

また、次期ヤリスにも、【GRシリーズ】の設定があります。ゴリゴリのカスタムスポーツになるらしく、楽しみですね!

もう一度言いますが、

ヴィッツとアクアはセットで検討しよう。こちらの記事も参考にして下さい。

新型ヤリス
response.jp

新型ヴィッツの維持費を抑える方法

ヴィッツを買う時だけいろいろ調べて、買った後はもう満足ですか?

値引きと下取りをがんばったらそれでおしまいですか?

いいえ。まだやることが残っています!

それは、固定支出を減らすこと!

車の維持費はほとんど毎月決まっていて、ある程度、固定の支出となっています。これを削減できれば、車に掛かる年間トータルコストを大きく減らせます。

車の維持費では主に

自動車任意保険
自動車税
ガソリン代
車検代
月極駐車場代

の5つがあります。

この中で1番簡単に費用を抑えられて、その効果が大きいものが。

①の自動車任意保険です!

やることはとっても簡単。

①下にある自動車保険一括見積りをクリック⤵

②車検証を元に見積もり(すぐ終わります)⤵

③今入っている自動車保険を解約(代理店もしくはカスタマーセンター)⤵

④一括見積りの中で1番安い保険会社へ切り替える

たったこれだけ。今入っている自動車保険が「高いな~」と思っている人は必ずやってみましょう!年間保険料が半額になることもありますよ!

まずは見積もりだけでもしてみましょう!そしてネット保険の威力をあなた自信で味わってみて下さい。きっと、金額を見たら「え?こんなに安いの?」と声に出して言うはずです。

ディーラー勤務のぼくでさえ、自動車保険はこのインターネット保険を利用しています。本当はダメなんですけど、保険料の差がありすぎて、、、w



下取りは効率よく高く売ろう!

下取りをディーラーへ入れる。これ普通です。本当にそれでいいのでしょうか?

だれでもなるべく高く売りたいと思っているはず。ディーラーの下取り価格が高いかどうか、あなた一人で判断できますか?

おそらく、ほとんどの人は無理だと思います。

確実に言えることは、「ディーラーだけじゃ絶対損する!」営業マンのぼくが言うので間違いないですよ!

実際に買取店に足を運んだり、サイトを利用したり、素人のあなたでも出来ることはあります!

当サイトがおすすめするサイトを2社紹介しておきます。利用してね!

関連する記事



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。