フォルクスワーゲン【ポロ TSIハイライン】実際に乗ってみた評価

VWポロは1975年に誕生し、長きにわたってVWシリーズの中でベーシックラインを担ってきました。そんな中2011年に登場したポロよりもコンパクトな「up!」の存在によって、ポロの位置づけは一段上に上がった存在となりました。

up!よりも大きなボディーは日本では使いやすい

2018年にデビューした現行モデルのボディーサイズは、全長4060×全幅1750×全高1450と昔のゴルフIVと同等です。

ワイドな1750㎜の全幅は、居住性や積載性、さらには運動性能の大幅な向上に一役買っています。「up!」の売りは最小クラスのボディーサイズではありますが、それが逆に不便と感じてしまう事もあります。それに比べてポロのサイズ感はまさに日本向けであり、実に使いやすく「ほどよいサイズ感」であると言えます。

逆に、ポロよりもひとつ上に位置するゴルフの全幅はクラウンと同じ1800㎜と、日本国内では使い勝手がやや悪くなってしまいました。これも相まって現行のポロは人気が上がってきたようです。

豊富な種類でユーザーを迎える「ポロシリーズ」

ポロのプラットフォームは、ゴルフや他の上級モデルと同じく【MQB】が採用されています。このモジューラーユニットは、最高クラスのパサートまでカバーしている中、ポロが最小となっています。

日本向けに用意された仕様は全部で4つあります。売れ筋の「コンフォートライン・リミテッド」から始まって、アダプティブクルーズコントロールなどの快適装備がついた「ハイライン」。スポーティ志向の「Rライン」、ホットハッチの「GTI」というグレード構成となっています。

GTIには2000㏄直4ターボ(200ps)、Rラインには1500㏄直4ターボ(150ps)を搭載し、残りの2グレードには1000㏄直3ターボ(95ps)を組合わせています。

トランスミッションはGTIが6速DSGで、他のグレードは7速DSGとなっています。

エンジンパワーはどうか

1500㏄のRラインはオールラウンド性を重視すればベストな選択でしょう。もう少しあっさりしたディテールと走りの味付けがあるとさらに良かったとは思いますが、総合的には上質なコンパクトカーに仕上がっていると言えます。

さらに、GTIを選択すれば、これぞ元祖ホットハッチの味わいだと言えます。十分に過激で、しかもパワーを使い切る楽しさがあってドライバーの満足度は高いでしょう。ゴルフGTIが上級化するに連れて薄れてきてしまった「やんちゃなクルマ」と楽しさを兼ね備えたのがポロGTIです。

とは言っても、1000㏄モデルでもよほどのパワー重視でないユーザーであれば満足できるスペックです。メーカーが公表している最高速度は187km/hで、0→100km/h加速は10.8秒で到達します。ポロはフォルクスワーゲンらしさを楽しみたいユーザーにとってベストな車であることに間違いはありません。

実際の乗り心地はどうか

走りの質感はゴルフとは少し違う方向も目指したようで、節度の効いた性格な動きは最新VW車で共通となっています。ポロはそこにスポーティな演出が加わっている感じを受けます。

足回りは適度に硬めで、それをホールド性の高い硬めのシートでしっかりと受け止めている印象。総合的に走りは活発で直進安定性も高く、評価は高いです。このあたりは他社の同等クラスと比べてもトップクラスと言えます。

エクステリアとインテリア

フォルクスワーゲンの若々しさという面ではゴルフより上というイメージなポロ。Cピラーを寝かせたスポーティなシルエットも魅力的です。

ハイラインにはLEDヘッドライトとフォグを標準装備とし、メインランプユニットの下部分にはオシャレで先進的デザインのデイライト機能を兼ね備えています。それと併せてフォルクスワーゲンらしいLEDテールランプによって高級感も感じられます。

また195/55R16タイヤ&アルミホイールを標準装備とし、足回りは適度に引き締まっていて快適性はハイレベルです。

インテリアはシンプルでありながら先進性を感じさせるデザインで、メーターとナビを高い位置にレイアウトした機能的な造形が特徴です。各部の造りは上質で、前席に座った時の開放感はクラストップレベル。ステアリングはチルト&テレスコピック機能付きで、ドライビングポジションは様々なユーザーの体型にジャストフィットしてくれます。

メーターは視認性に優れたシンプルなデザインで、2眼式構成と中央部にはディスプレイを配置しています。メーターは右に260km/hスケールのスピードメーター、左は回転計を表示しています。

また、ハイラインにはサポート性を重視したスポーツコンフォートシートを装備していて、コーナーでもドライバーの体をしっかりと支えてくれます。前席だけではなく後席スペースも広いのが印象的です。

ポロTSIハイライン主要装備

価格2,759,000円
全長/全幅/全高4060/1750/1450
ホイールベース2550㎜
車重1160㎏
エンジン(ハイオク仕様)999㏄直3DOHC12Vターボ
最高出力70kW/95ps/5000~5500rpm
最大トルク175Nm/17.9kgm/2000~3500rpm
燃費19.1km/L
サスペンションFストラット/Rトレーリングアーム
ブレーキFベンチレーテッド/Rドラム
駆動方式前輪駆動
最小回転半径5.1m
自動車保険ランキング

自動車保険で年間数万円安くなる!実は営業マンもネット保険使ってます

2019年10月1日

関連する記事



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。おクルマニアです。 既婚で子持ち、持ち家(ローン地獄w)で幸せな毎日を送っています。 トヨタ系ディーラーの営業マンをしながら、当サイトを運営しています。現役の営業マンが教える値引き情報や安く買う方法、下取りを高く売るノウハウや新型車情報をタイムリーに紹介してきます。 現役だからこそ分かる情報をみなさんにお伝えし、幸せなカーライフを送って頂ける手助けをしたい。そんな想いを込めて運営していきます。